So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

夏の旅行2014年はまさかの4月!『琴浦さん』聖地巡礼 [プチお知らせ/日々の小ネタ]

例年おこなっておりますワタシと我が娘・満咲による夏休みの旅行(通称「夏の 母娘で 男旅」(^^;))ですが、今年度は満咲が中学3年生につき、受験生生活に支障がないようにと配慮して、あまり遠出せずにのんびり温泉で1泊くらいにとどめておこうということになりました。
そして実施時期もいろいろ調整したところ、なんとまさかの4月に決行するのが最適という解に至りました。

………って、「夏の旅行」が4月かよ(^o^;)

というわけで、2014年4月某日、行ってまいりましたヨ。


で、行き先ですが、

*「浦安」に行ってきました

*「ハワイ」に泊まりました

*旅行での写真の1枚がこちら

 BL140501_01.JPG


………さて、どこでしょう!?

これだけのヒントから「鳥取」という正解の都道府県名を導き出せた方は、訓練された旅ヲタですね(^^ゞ

上の写真の謎の中華風風景は、はわい温泉の東郷湖畔にある中国庭園燕趙園」です。

というわけで真相は、『琴浦さん』聖地巡礼を兼ねて鳥取県中西部琴浦~倉吉~湯梨浜観光@はわい温泉で1泊ツアーでした。


 BL140501_02.JPG

なにぶん4月なので、途中の米子自動車道・蒜山高原サービスエリアから望む大山は残雪です。


 BL140501_03.JPG

さらに蒜山高原SA内、桜が見頃でした。
「夏の旅行」で花見ができたのは、今回ならでは(^^;


 BL140501_04.JPG

JR浦安駅に到着!
いやはや「何県にあるのかが紛らわしいJR駅名ランキング」第2位と言っていいでしょう。ちなみに「桜島」が3位で、1位はやはり「福岡」ではないかと……。


 BL140501_05.JPG

この浦安を含む東伯町と隣の赤碕町が合併したのが、現在の琴浦町です。


 BL140501_06.JPG

山陰自動車道・琴浦パーキングエリアの「物産館ことうら」。
なお、このあたりは無料区間ということもあり、このPAも物理的にUターンが可能な構造になっているというのは豆知識。ただしランプウェイで車両の動線が交差するので安全運転必須。


 BL140501_07.JPG

昼食に名物「牛骨ラーメン」&「あごカツカレー」でお腹も満足!
牛骨スープはやはり独特のコクがあって美味でした。
またトビウオのすり身でできたあごカツも味わい&食感が他にない絶妙の逸品。


 BL140501_08.JPG

琴浦町のパワースポット・神崎神社にもお参り。
拝殿の龍の彫刻などが話題になりがちですが、より精巧で緻密なオーラが出ているのは奥の本殿側の彫刻です。


 BL140501_09.JPG

鳴り石の浜は願い事に良いとされていますヨ♪


 BL140501_10.JPG

 BL140501_11.JPG

 BL140501_12.JPG

 BL140501_13.JPG

 BL140501_14.JPG

そして琴浦町内各所で『琴浦さん』とのコラボ継続実施中ノ
ただし観光協会で販売されている名刺は「※土・日・祝日は休みです。」攻撃を食らってしまい買えず(T_T)。

   


 BL140501_15.JPG

鳥取県では名探偵コナンも随所でプッシュされてます。
琴浦町の隣、北栄町がコナン原作者・青山剛昌の出身地にあたるそうです。
鳥取県がちょっとがんばってコナンと琴浦さんのコラボ映画とかできないもんでしょうかねぇ?
てゆかコナンの推理を琴浦さんが心を読んで話せばバッチリじゃん!!
【名探偵コナン with 琴浦さん ゲゲゲの鬼太郎殺人事件】とかどうでしょう?
ある意味これ最強コンテンツ(^o^;)


 BL140501_16.JPG

倉吉の白壁土蔵の町並みも歩きましたヨ~
米澤たい焼きもクリア済み。


 BL140501_17.JPG

はわい温泉の「羽合町」も平成の大合併で現在は湯梨浜町となってますが、「ハワイアロハホール」などの公共施設にはその名をとどめています。
そしてじつはここを会場に私・佐倉智美は2010年12月に講演してたりします。


 BL140501_18.JPG

「え゛っ、父ちゃん、こんな大きな会場で講演したん? スゴ~イ!」と感嘆する佐倉満咲ちゃん………という設定のヤラセ写真です(^^ゞ


 BL140501_19.JPG

というわけで東郷湖畔・はわい温泉でリラックス~♪
いゃー、なかなかイイところです!


 BL140501_20.JPG

帰りはいわゆる「余部鉄橋」も経由するルート。
すでにコンクリート橋に架け替わっていて、道の駅として整備された周辺に、かつての鉄橋の一部が保存・展示されたりしています。
鉄オタ心をくすぐる鉄道グッズ店も隣接しており、迂闊に立ち寄ると出てこれなくなる!?
(^^ゞ
余部から大阪北部までは、部分的に自動車専用道路が開通している区間も増えてきており、最後は例の京都縦貫自動車道がつながっているので、順調な帰路でした。