So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

聖地巡礼福井県編、三国湊に未来のかけらを見た! [プチお知らせ/日々の小ネタ]

さてさて、前記事のように拙著1999年の子どもたち( Kindle版電子書籍として全7巻アマゾンにて配信中の登場人物・黒沢歩クンが中学時代までを過ごした「茨城県T村」での出来事が作中で詳らかになるのは全7巻中の第2巻なのですが、そもそもその過去開陳シークエンスに至る事件が起こるのが、作中での高校1年生の夏休み、希望者対象の学校行事「臨海学習会」、簡単に言えば夏合宿の途中なのです。

で、その夏合宿の行き先はと言えば、じつは福井県坂井市
名勝・東尋坊も間近に望む、三国サンセットビーチ海水浴場の周辺なのでした。

 BL140931_21.JPG


こちらも名勝・雄島へ渡る赤い欄干の橋から東尋坊のほうを見たところ。

 BL140931_22.JPG


海水浴ができるだけあって、このへんの海、やっぱキレイです(^^)ノ

 BL140931_23.JPG


三国サンセットビーチの砂浜。
『1999年の子どもたち』作中でクンや理素奈チャン、そして我らが佐倉満咲(←ワタシの娘をモデルにしたキャラを作中に同名で配置しました)たちが、合宿中、海水浴実習などをするのが、この浜辺ということになります。

 BL140931_24.JPG


同じく作中でみんなが宿泊する「越前荘」は、ビーチのすぐ前の、規模としては旅館並みの民宿という設定なのですが、実際に行ってみると、この「憩いの宿 なかもと旅館」が、最もイメージに近いですネ(^^)

 BL140931_25.JPG


旅館の裏手の道。
合宿2日目の早朝、歩×満咲で散歩しながら心温まる会話を交わしたのは、このあたりということになるのかも。

 BL140931_26.JPG


合宿2日目の午後にプログラムされていた水族館見学での、イルカのショーもやってる水族館というのは、サンセットビーチからちょっとだけ足を伸ばしたところにある、この「越前松島水族館」が照応するでしょう。
奥に見えるのがイルカショーがおこなわれるプールですね。

 BL140931_27.JPG


そして「事件」が起きる3日目、作中では「歴史街道」としている、かつては北前船による交易で栄えた港町である三国の風情が感じられるように整備された町並みの、その一角のこのあたりが「事件」現場に該当すると思われます。

 BL140931_28.JPG


「事件現場」の近くの土産物屋……は、もしかしたらこの店なのかも!?

 BL140931_29.JPG


そうして急展開の事態は、怒涛の防波堤の先へと……!

 BL140931_30E.JPG


というわけでワタクシ佐倉智美著『1999年の子どもたち』の第2巻がいったいどうなっているのかは、ぜひお読みいただいてご確認いただければ……


   


……と思うのですが、この『1999年の子どもたち』第2巻・夏合宿編の舞台となっている福井県坂井市の三国地区、……おわかりでしょうか?

え゛、コレって、もしかして!?


 BL140931_38.jpg

そうなんです、なんとアニメ『グラスリップ舞台がカブっちゃってるじゃないですか!
(画像は公式サイトより)


 BL140931_39.JPG

このアニメでのイメージ映像の場所とかも、ズバリさっきの防波堤の手前の砂浜ですし、よく見ると土産物さんの店先にも聖地巡礼対応『グラスリップ』のポスターが飾られています。
(画像は放送画面より)


 BL140931_40.JPG

えちぜん鉄道の三国港駅です。
アニメにそのままこの電車が出てきます。
写真奥には三国のみどころのひとつ「眼鏡橋」も。


 BL140931_41.JPG

眼鏡橋」近景。


 BL140931_42.JPG

三国港駅前広場もアニメに登場する雰囲気、だいたいそのままの感じです。


 BL140931_43.JPG

駅から山側への道も、アニメで見覚えが……。


 BL140931_44.JPG

えちぜん鉄道の車内
こちらもアニメ作中と比較すれば、かなり忠実に再現して描いていることがわかります。


 BL140931_45.JPG

三国港駅の待合室には交流ノートも。
開くと『グラスリップ』関連の書き込みもあります。
また滞在中、やはり私の他にもアニメを見て聖地巡礼に訪れたとおぼしき人は複数見かけられました。


 BL140931_46.JPG

三国のランドマークとも言える龍翔館
『1999年の子どもたち』作中では理素奈チャンが「この先の高台にある『龍翔館』は明治時代の小学校を再現した建物で、中は郷土資料館になってるんだって」と説明してくれてます(^^)。
『グラスリップ』では地名など固有名詞は架空のものに変えられていて、この龍翔館も麒麟館という名で登場しますが、やはりキーポイントとなる場所として扱われています。


 BL140931_47.JPG

龍翔館4階の展望室
ちゃっかり『グラスリップ』で登場したシーンを紹介する掲示もあります。
ちなみにウチの子どもたちのほうは、じつはココまでは来てないんですよね~(^_^;)
先ほどの理素奈チャンのセリフを受けて一同が「じゃソコを見て、休憩したら帰ろっか」となった矢先に「事件」が発生してしまうので……。


 BL140931_48.jpg BL140931_49.JPG

ちなみについでに、ウチの子どもたちのひとり『1999年の子どもたち』の登場人物の栗林理素奈と、アニメ『グラスリップ』の永宮幸、「読書家のおとなしい少女」等々の属性で、やはりちょいとキャラがカブってます。
もしかしたら、この2人が近くですれちがったりしていたかも……とか妄想すると楽しいですね。
(『1999年の子どもたち』表紙絵:Amelie/永宮幸画像は公式サイトより)


 BL140931_50.JPG

そして、アニメ『グラスリップ』では龍翔館と(あと眼鏡橋とも)並ぶ重要スポットである白山神社
『1999年の子どもたち』第2巻でも上述の合宿2日目の早朝の歩と満咲が2人で散歩したルートに含まれることになるはずです。2人で何かお祈りしたのでしょうか(^^)。


   


そんなこんなで、2014年8月29日(金)~31日(日)に埼玉県嵐山町の国立女性教育会館「NWEC(ヌエック)」を会場とした「男女共同参画推進フォーラム 2014」に参加していた、その前後の行程でモロモロ用事をこなした一環として、この福井県坂井市の三国地区、自作『1999年の子どもたち』&アニメ『グラスリップ』合同聖地巡礼にも立ち寄ってきたのですが、日本海の恵みに抱かれた自然と歴史の香り豊かな素敵なところであるということを、あらためて体感する旅となりました。

そして『1999年の子どもたち』の舞台となっている西暦2015年はいよいよ来年です。
作中では一足早く(初出執筆はそもそも2003年~)高校生になって登場した我が娘・佐倉満咲も、来年には本当に高校1年生となる見込みです。
まさかリアル世界の満咲が来年この地で夏合宿に臨む偶然がある可能性は高くないですが、それでも実の娘が、本人をモデルにしたキャラとして登場し、青春のさまざまな葛藤を包含したドラマを体験するのと同じ年齢になる、その前年の夏の終わりその場所の風景に触れることで、何か少し、未来のかけらを見たような気がしました。


 


「聖地巡礼の聖地」大洗から東海村に足を伸ばしてみた [プチお知らせ/日々の小ネタ]

さて、前記事のとおり、2014年8月29日(金)~31日(日)の3日間は、埼玉県嵐山町の国立女性教育会館「NWEC(ヌエック)」を会場とした「男女共同参画推進フォーラム 2014」に参加していたのですが、これにともない、その前後、おもに関東地方でのいろいろな用事も済ませてきました。

そのひとつが茨城県方面。


 BL140930_00.JPG

というわけで、やって来ました!
鹿島臨海鉄道 大洗駅!


 BL140930_01.jpg

……いゃまぁ、コレは明らかにアニメ『ガールズ&パンツァー聖地巡礼の体験取材・参与観察ですよね~(^o^;)
(画像は公式サイトより)
※PC版サイトのサイドバーで、その他の【聖地巡礼】記事を絞り込みできます


 BL140930_02.JPG

大洗女子学園 第63回 戦車道全国高校生大会 優勝おめでとう」の幟は、今も駅構内に。
なお「戦車道」とは戦車戦が安全にスポーツとして楽しめるように工夫された下で発達した武道で専ら女性が嗜むもの……という架空の設定を敷いたのが、この『ガルパン』の世界観です。


 BL140930_03.JPG

駅の観光案内所も、すっかりガルパン仕様です。


 BL140930_04.JPG

観光案内所に置かれた交流ノートも、人気の高さを物語っています。
それだけ、多くの人をひきつける魅力があのアニメにはあったのですね。
実際、ワタシが市内をまわっている最中も、同様にガルパンをきっかけとして聖地巡礼に訪れているとおぼしき観光客が多数いました。
もはや大洗は「聖地巡礼のメッカ」(!?)と呼んでもよいのかもしれません。


 BL140930_05.JPG

大洗市内では、このように各種の店舗もガルパン推しに参画し、訪れる人の気分を盛り上げています。


 BL140930_06.JPG

主人公「みぽりん」こと西住みほの等身大パネルは、大洗シーサイドホテルの入り口に居ます。
作中では戦車道の高名な家元に生まれ「西住流」を的確に受け継いでいく優秀な姉と常々比較され続けて心を深く傷つけていたみぽりんが逃れるように家を離れた果てに大洗で仲間と出会い受容され自己肯定していくのですが、加えてこのように現実の大洗の人々にも愛される存在となったことには「ヨカッタね」という思いを禁じえません。


 BL140930_07.JPG

こちらのお好み焼き屋さんは元々単に「道」という店名だったようですが、このガルパン人気を受けて(写真では反射してて少し見えにくいですが)「戦車道」に改称(!?)した上、店頭もこのように装飾するサービスぶり。
「悪ノリだ」という批判も成り立つかもしれませんが、これはやはりむしろ自分たちの郷土に自信と誇りを持って来訪者へのホスピタリティを発揮すべく、町全体が一体的に連携して協力しあった結果のひとつの表れであり、決して経済効果ばかりに目を奪われた便乗商法ではないという印象です。
てゆーか、このお好み焼き屋さんのこういうノリ、まさに関西でいうところの「いちびり精神」であって、ワタシ的には非常に好感が持てるところです。


 BL140930_08.JPG

大洗の海岸の一角にある神磯鳥居
あいにくの曇天で、波もちょっと高いです。
ちなみに2011年3月の東日本大震災では、ここにも相応の津波が押し寄せたとのことで、後述のアウトレットモールにもモール周辺が水没した写真が掲示してありました。


 BL140930_09.JPG

大洗磯前神社の境内に移動です。


 BL140930_10.JPG

そして、そこにもガルパンとのコラボ企画、巨大絵馬がありました。


 BL140930_11.JPG

そんな大洗磯前神社、現在は工事中です。


 BL140930_12.JPG

主たる理由はやはり東日本大震災による被害の修復。
……ガルパンマネーが復興に少しでも寄与しますように。


 BL140930_13.JPG

「ガルパン」作中にも登場するアウトレットモール


 BL140930_14.JPG

そして大洗のランドマーク「マリンタワー」。


 BL140930_15.JPG

マリンタワーの展望台にのぼってみると、ちょうど港に学園艦が接岸しているのが見えました(違;
※本当はもちろん苫小牧行きのフェリー「さんふらわあ」。
なお「さんふらわあ」は大阪南港から九州方面へ行くときに乗ったので、ワタシ的にはあまり大洗ならでは感がしなかったです


 BL140930_16.JPG

そしてマリンタワー展望台にも「ガルパン」主人公らの等身大パネル。
傷心のまま大洗にやってきた「みぽりん」を友だちとして受け容れ、戦車道で同じ車両に乗るチームメイトとして心を通わせるうちに、お互いにかけがえのない仲間となっていった彼女たち。
そんな彼女たちが苦心の末に母校の全国優勝を勝ち取っていった物語は、「みぽりん」が生家の「西住流」を止揚した自分だけの戦車道を見つけ、かけがえのないありのままの自分を認められるようになり、他のチームメイトそれぞれもまた各自の課題を超克して成長したばかりではなく、この現実の大洗の町の人々をも勇気づけ、エンパワーしたのだなと、このマリンタワーの展望台のパネルを見てあらためて思いました。
まさに天空から郷土を護る天使かもしれませんね。


 BL140930_17.JPG

そんなこんなで、気が付くとたんまりと大洗土産もゲットしている結果になりました。
……たしかに経済効果もあるのです(^o^;)


   


かくして、そんな大洗を後にしてしばらく北上すると、そこは東海村だったりします。

 BL140930_21.JPG


東海村というと、SF作品などで原子力関連で何らかの物騒な事案が起こるようなケースでよく「茨城県T村」のような表記で登場することからも、原子力関連の各種施設が集積した町……というイメージがあり、むろん実際にもそうなのですが、うっかりそんな知識だけでヨソ者がどんよりしたイメージを持ってしまいがちなほどには、実際に行ってみると、ごくごくフツーのニッポンの地方都市です。
駅前にはイオンモールもあります。

 BL140930_22.JPG


このような由緒正しい名刹もあります。村松山・虚空蔵尊
すぐ近くには茨城一の宮 大神宮も。

 BL140930_23.JPG


地場産品を直売する商業施設も。
新鮮な農産物などがいっぱいの「にじのなか」。
セミナールームなども併設されているようです。

 BL140930_24.JPG


たしかに原子力の町だけあって、村内には原子力をPRする広報・啓発施設が複数あったりはします。
こちらは「げんでん東海テラパーク」。

 BL140930_25.JPG


で、そんな東海村なのですが、私・佐倉智美による小説『1999年の子どもたち』( Kindle版電子書籍として全7巻アマゾンにて配信中)の登場人物・黒沢歩クンが中学時代までを過ごしたという「茨城県T村」って、やっぱりここがモデルである可能性極大ですよねぇ……(^^ゞ

 BL140930_26.JPG


中学校はちょうど工事中のようだったのですが、グラウンドでは作中の歩クンよろしくサッカー部が(?)活動中でした。

 BL140930_27.JPG


サッカー部だったという設定の歩クンは、こちらでも汗を流していたのかもしれません。
阿漕ヶ浦公園のスポーツ施設です。

 BL140930_28.JPG


阿漕ヶ浦の周囲を整備した公園です。

 BL140930_29.JPG


そうして、中学2年生の夏、体調不良をきっかけに歩クンが受診した「原子力研究所付属病院」……に照応するのは、たぶんここなのかも。

 BL140930_30.JPG


その病院で衝撃の事実が発覚した歩クンが、この町並みを放心して帰る姿が見えるようです……!?

 BL140930_31.JPG


え? 何があったのか??
……その真相はゼヒ本編をお読みください(^o^;)
歩クンの「茨城県T村」での過去が明かされるのは全7巻中の第2巻ですね。