So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

滋賀県教育委員会人権講演 [出演・講演講師など]

2016年1月22日(金)、
滋賀県教育委員会 人権教育推進連絡協議会 講演会にて 講師を務めました。

LGBTと教育現場
 ~多様な性とともに生きているということ~


昨年秋に続いての滋賀県教委での登壇。
前日までの雪も残る近江八幡の会場でしたが、多数のご参集ありがとうございました。
学校関係者向けの研修ということで学校現場でのセクシュアルマイノリティをめぐるあれこれについて重心を置いて話を進めましたが、関心の高さが伝わってきました。


◇◇

 


箕面市人権セミナー [出演・講演講師など]

2016年1月20日(水)、
大阪府箕面市の人権セミナーにて講師を務めました。

「LGBT」を理解する最前線
  ~性の多様性を考える~


寒波襲来の早朝より、市職員の皆様や一般参加者の方々で盛況の中、性的少数者の基本から、少し踏み込んだ話まで、熱心に耳を傾けていただけました。


◇◇

 


三田市で人権・男女共同参画プラザ事業の講師します [出演・講演講師など]

きたる2016年2月3日(水)
兵庫県三田市にて人権・男女共同参画プラザ事業の講師を務めます。


LGBT当事者からのメッセージ
 ~誰もが生きやすい社会をめざして~

内容:今、性の多様性について、その人らしさを大切にし、認め合おうという思いが広がりつつあります。LGBTの当事者から話を聴き、理解を深めましょう。
*LGBTとは、L=レズビアン・G=ゲイ・B=バイセクシュアル・T=トランスジェンダーの頭文字をとった、セクシュアル・マイノリティ(性的少数者)を表す言葉です。

日時:2月3日(水) 17時00分~18時30分

講師:佐倉智美さん(甲南大学非常勤講師 作家)

対象:関心のある方どなたでも

定員:20人(応募多数の場合抽選)

参加費:無料

一時保育:あり1歳~就学前5人(要予約・無料)

申し込み:電話、FAX、メール、来所で申し込みください

 §照会・申し込み(1月27日まで)は三田市公式サイト参照§
   ↓   ↓   ↓

https://ssl.city.sanda.lg.jp/machizukuri/dannjyo/h27/27pulaza35.html


 BL160106Sanda203.JPG

※地元で配布のチラシのイメージ


三田駅前交通至便な会場です。
→ 三田市まちづくり協働センター
  人権・男女共同参画プラザ(キッピーモール6F)

どうぞお越しください。


◇◇

(2016/02/04)
地元教職員の方々の多数ご参加も含めて定員増強で盛況のうちに無事終了しました。
学校関係の他、市役所職員の方々や、一般の方など、多様なニーズに対してあれやこれやと時間に追われながらでしたが、なんとかまとめきれたでしょうか?
ご傾聴ありがとうございました。


 BL160106Sanda203_01KM.jpg

こちらが駅前「キッピーモール」。
阪急をはじめとした各種店舗も入った施設です。
この6階が会場となります。


 BL160106Sanda203_02St.jpg

JR三田駅改札口です。


 BL160106Sanda203_03Sq.jpg

駅前広場をはさんで、駅(や駅前駐車場)とキッピーモールはペデストリアンデッキでつながっており、快適なアクセスです。


◎前日の神戸新聞で、講座の開催について記事になっていました。
 近接日程の日高康晴さんの講演も併せて紹介されています。

 BL160106Sanda203_04press.jpg


◇◇


今年もまた新年(^^) [プチお知らせ/日々の小ネタ]

はや2016年になりました。
あけましておめでとうございます。

初詣時の鎮守の森の上に広がる空が青くキレイなお正月。

本年もよろしくお願いいたします。


 BL160103forest.jpg


なお、昨年の1月初頭の記事では、年内の新刊上梓を目標に掲げておりましたが、ソレについては本年に引き継がれております;
今しばらく、気長にお待ちいただけると幸いです。

(ただ共同著書への寄稿したものについては2015年はいくつか形になりました)

※参考『改訂版 ジェンダー・スタディーズ』にて章担当

   → 『ジェンダーで学ぶ社会学〔全訂新版〕』にて章間コラム担当


  


あと、3月までは2015年度ですから、例の小説もいわばココからがクライマックスです。

※参考秋のお知らせブログ編『響け!ユーフォニアム』を隣の城陽市から検証する

   → 『トーマの心臓』~映画『1999年の夏休み』、佐倉智美『1999年の子どもたち』にパクリ疑惑!?


作中の時間進行をリアルタイムで体感しながら読めるのは今だけ!