So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

河出ブックス『1980年代』の「アニメ」のコラム執筆 [執筆・共著雑誌寄稿など]

河出書房新社より

河出ブックス『1980年代』
斎藤美奈子 成田龍一 編著

ISBN-10: 4309624898
ISBN-13: 978-4309624891

税別 1800円

 …が、2016年2月刊行されました。


戦後日本の転換点にして、《いま》の源流とも言える80年代。
記憶だけで語るにはもはや遠く、歴史と呼ぶにはまだ近いこの時代を、鼎談・論考・コラムを組み合わせながら多角的に問い直す。

(河出書房新社公式サイトの本書紹介ページより)

 …という趣旨の意欲作です。


 BL160229-1980s_a.jpg


このうちワタクシ佐倉智美は、1980年代の[アニメ]についてのコラムの執筆を担当しました。
題して「オタクカルチャーの源流と多様な性」

持ち字数が少ないコラムではありましたが、その中になんとかいろいろ詰め込みました;
現在の日本のアニメ文化の様相の起源として書題でもある80年代を回顧しつつ、同性愛・性転換的な内容も包含した当時の複数の作品が、今日の諸作品におけるジェンダーやセクシュアリティの多様性を描くにおいて豊穣である状況につながってるのだけれども、一般にはアニメ文化への誤解も多いことなど……あたりには、いちおう触れることはできたかと……(^^;)

そんな従来の佐倉原稿とは少し異なる切り口からのコラムの書籍化です。
ぜひ、ご一読ください。


 


そして本書全体の執筆陣が豪華です。
編著者らによる鼎談も読み応えのあるものなほか、例えば瀬地山角さんによる80年代フェミニズム論なども興味深いですよ。


 BL160229-1980s_b.jpg




映画『トランス物語に抗して』上映会トークイベント登壇します [出演・イベントなど]

来たる2016年3月21日(月《祝》)午後に、
映画『トランス物語に抗して』上映会が東京・世田谷区内の会場にてあります。

前記事のGID学会第18回大会に隣接した日程ですので、興味関心のある方は併せて参加しやすいのではないでしょうか。

そして、この映画会の上映後のトークイベントに、私・佐倉智美が登壇者のひとりとして参加いたします。


 →詳細・お申し込みなどはこちら
http://tntokyo.peatix.com

(以下、上記サイトから抜粋)

映画『トランス物語に抗して』上映会&トーク

小さい頃からスカートやお人形遊びが嫌い(またはその逆)だった。
自分のからだが嫌い。女や男に性別移行することに迷いはない。
……そんなトランスジェンダーの自分語りは本当なの?
あるいは、必要なの?

映画『トランス物語に抗して』は、性別移行とフェミニズム、変わっていく恋人との関係性、そして単純には自分自身の変化を喜べないトランスジェンダーたちのホンネを描いた刺激的なドキュメンタリーです。

上映後には、佐倉智美さん(甲南大学教員)、鶴田幸恵さん(千葉大学教員)を招いたトークを予定しています。
GID学会の翌日に、社会の規範意識や医療が求めるのとは異なる視点で、性別を変えるということを語ってみませんか。

日程:3月21日 14:00~16:00すぎ(13:30開場)

場所:loopolic キノシタ商店 http://loopolic.com/
 (東京都世田谷区/東急大井町線上野毛駅から徒歩10分)

主催:トランスネット東京

トークゲスト:佐倉智美さん(甲南大学教員)、鶴田幸恵さん(千葉大学教員)
司会・進行:梅田ともぞう、遠藤まめた

入場料:一般1200円、学生など700円
(学生などの500円割引コードの取得は購入する前にメールで主催者へ要連絡とのこと)

映画:「トランス物語に抗して」
英語題:against a trans narrative
 監督:Jules Rosskam
 時間:61分/61min.
制作年:2009
制作国:米国/USA
 音声:英語(日本語字幕あり [字幕協力:関西クイア映画祭])
予告編 :

 


上述のとおり、司会進行など主催側のメンバーも豪華ですが、もうひとりの登壇者もいわば「トランスジェンダーの自分語り」研究では専門家である鶴田幸恵さん
つまり、ともに『性同一性障害(中略)社会学』のタイトルの著書を持つ2人の社会学使い(鶴田さんはズバリ「社会学者」でもよいと思うのですが)が、世間一般の硬直した通念や、医療に紐付けられた各種の因習に、性の多様性が回収されていってしまいがちな現状を、バッサバッサ斬りまくる……ことを期待されているのだろうなぁと、ワタシは解釈しています(^^;)ノ

「佐倉的には、幼いころ、プラレールやトミカで近所の女の子たちといっしょに楽しく遊んで、誰かから女の子が乗り物のオモチャなんて変と言われたら、ここぞとばかり反発するような女の子でありたい男の子でした」……というような、わけのわからない話(!?)が聞きたい方は、ゼヒお越しください。

  

(2016/03/24)
満員盛況でしたノ
ありがとうございました。
登壇者の立場からの反省点としては、映画に出てくるアメリカの事情と日本国内との違いや、セクシュアルマイノリティとフェミニズムの関係をめぐる件などに、もう少し言及したりできればよかったかもしれません;

 


GID学会で個人報告します [出演・イベントなど]

来たる2016年3月19日(土)~20日(日)に東京は日本教育会館を会場にGID学会の第18回研究大会が開催されます。

 →大会の詳細は公式サイトでご確認ください
http://gid18.kenkyuukai.jp/special/?id=20644


私・佐倉智美としては、昨年度の大阪府立大学を会場に開催された第17回大会にも参加したのですが、今般の第18回大会では一般演題にて個人報告をいたします。

報告タイトルは

『身体違和は一枚岩ではない』

割当時間は2日めの午後。
13:30~14:45の一般演題7「当事者・支援団体」枠(8階の第2会場にて)でのトリを務める形になるようです。

内容は、現在鋭意執筆中(でもなかなか進んでない;)の『性別適合手術の社会学(仮題)』第2章あたりに載録予定の「身体的性別違和とは何なのだろう」の梗概を先行的に報告するものとなります。
(学会報告タイトルにダジャレを入れる必要があったのか!? …というツッコミはナシで(^^;))

◎報告要旨
一般には「性同一性障害なのだから心の性別と一致していない身体に対して違和感があるのは当然だ」と認識されることも少なくない。だが「身体的性別違和」とされるものについても、いくつかの要素が複雑に絡みあって個々のトランスジェンダーの訴えを構成しているものと考えることは有用だ。
参与観察データとして筆者自身がホルモンを開始した際の記録を補助線とした場合、「身体的性別違和」についても
[1:パスを阻害する身体特徴への嫌悪感]
[2:社会的な意味づけとの齟齬がもたらす不快感]
[3:性的ファンタジーと適合しない不満足]
 …の3要素は大きい。もちろん純粋に本人が内発的に自身の身体に違和感を持っている要素もありうるが、上記の3点は、いずれも社会との関係性の中で発生しており、本来は社会が変わることで解決していくべきものだという認識も、GIDにかかわる関係者は共有しておくべきものではないだろうか。

◇◇

(2016/03/24)
予定どおり報告をおこなってまいりました。
大会全体としても、多くの報告を聴けて、いろんな人に会えて有意義だった面は大きいです。

 BL160220_302-1Entr.jpg
§会場となる日本教育会館のメインエントランス

 BL160220_302-2room2.jpg
§一般演題7がおこなわれる8階の第2会場


◇◇

(2017/05/21)
学会誌 Vol.9(2017年3月に札幌医科大学にて開催された第19回研究大会に参加した会員には、その場で配布されたもの)に採録の第18回研究大会抄録集の中に、本報告の要旨も寄稿のうえ、掲載されています。

 BL160220_917-04_P09.JPG


◇◇


2016年2月の六地蔵、バレンタインショッピングの現場 [プチお知らせ/日々の小ネタ]

先日、ヤボ用で六地蔵へ行ったのですが、思えばこの2016年2月の六地蔵というのは、例の西暦2015年度が舞台の小説で、ミサキ×アユミのバレンタインショッピングデートの会場となるところではありませんか!


※参考『響け!ユーフォニアム』を隣の城陽市から検証する

   → 秋のお知らせブログ編『響け!ユーフォニアム』を隣の城陽市から検証する


◇◇
 BL160212_6zizoYs.jpg

小説作中でも触れているとおり、イズミヤMOMOテラスから川を挟んでイトーヨーカドーもある六地蔵です。

アクセスはJR奈良線京都市営地下鉄東西線京阪宇治線と、3線が交差する地味に交通の要衝となっています。


かつて小説に書いた現場の、まさにその作中設定のリアルタイムをまのあたりにするというのは、いろいろ感慨深いものでした。


ちなみに3月にも、ミサキ×リソナのTDR傷心(?)旅行とビミョ~に同時期にワタシが東京遠征の予定(^^ゞ


なにはともあれ、作中の時間進行をリアルタイムで体感しながら読める残り僅かな機会はマジ今だけですヨ!!

  


◇◇


大津市教育委員会人権教育研修会 [出演・講演講師など]

2016年2月9日(火)、
滋賀県は大津市教育委員会の人権教育研修会にて講師を務めました。

性的少数者の困難をつくらない学校
~多様な性と生きているということ~


こちらも昨秋の滋賀県教委からの流れで、今度は県庁所在都市・大津市の教育委員会の研修会でした。
真摯に児童生徒に向き合う湖国の教職員の皆様の現場の役に立てるお話が限られた時間の中ではありますが多少なりともできる機会となりよかったです。


 BL160210_O2.jpg

大津市役所からの眺望。奥のほうに琵琶湖があります。


 BL160210_O2-khn.jpg

大津市役所へは京阪電車が便利。
市役所前の路線では「きかんしゃトーマス」号のほか、かの「響け!ユーフォニアム」ラッピング電車も走ってます……が撮影の機会には恵まれませんでした;


◇◇

 


寝屋川市、人・ふれあい部集合研修 [出演・講演講師など]

2016年2月2日(火)、
大阪府の寝屋川市職員、人・ふれあい部集合研修にて講師を務めました。

「LGBT」も普通にそこにいる
  ~性の多様性を前提にしよう~


終業後の時間帯にもかかわらず、熱心に聞いていただけました。
特に市職員向けにチューニングして挙げた具体事例などが、今後の窓口対応などに役立ちそうとの声もあってなによりでした。


 BL160204Neyagawa.jpg

会場到着。夕刻の寝屋川市役所前です。


◇◇