So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

遅れてきたラブライバー、神田明神を参拝する [プチお知らせ/日々の小ネタ]

さて、去る週末のGID学会大会映画会イベントでの東京遠征の機会には、ついでに東京駅の様子などもチェックしたりしたのですが、他にももうひとつ、あらためて秋葉原界隈の散策などもしてみました。

アニメ『ラブライブ!は、2013年初頭の本放送時点では視聴せずじまいだったのですが、この2016年1月からのNHK教育テレビでのオンエアを機会に、遅ればせながらハマってしまいました;
その舞台探訪・聖地巡礼を兼ねての、標題にある神田明神参詣を含めての訪問です。


 BL160325LL-AKB_01.JPG

§アニメ『ラブライブ!』は、いわゆるアイドルアニメのひとつ


 BL160325LL-AKB_02.JPG

§自分たちの学校を廃校の危機から救うために女子高校生たちが立ち上がるのです


 BL160325LL-AKB_03.JPG

§神田明神はその舞台のひとつとして登場
(本記事の以上3画像は放送画面よりキャプチャ)


というわけで秋葉原。
この雑多な雰囲気がまさにアキバの魅力でしょう。

 BL160325LL-AKB_04.jpg


とはいえ、賑やかな表通りから離れると、公園に隣接した小学校もある閑静な区画もあったりする、ごくフツーのニッポンの一市街です。

 BL160325LL-AKB_05.jpg


そんな「電器街」から神田明神へのアクセスはこの階段。
ラブライブ作中ではここで主人公らが基礎体力づくりのためにトレーニングします。

 BL160325LL-AKB_06.jpg


階段をのぼりきった先が神田明神の境内。

 BL160325LL-AKB_07.jpg


名前は「男坂」ですが、この平成の今では少女たちが目標へ向けて汗を流す舞台となりました。

 BL160325LL-AKB_08.jpg


霊験あらたかそうな神田明神。

 BL160325LL-AKB_09.jpg


…思った以上にガッツリとラブライブ推しコラボ絶賛実施中です(^o^;)。
NHKでの放映もあってか、いまだに来訪するラブライバーは引きも切らない様子。
女性ファンの姿も多数でした。

 BL160325LL-AKB_10.jpg


お土産に「かすてらまんじゅう」。
他にもコラボグッズ多数(奉納用に神社公式痛絵馬も用意されてました)

◎「資料館」にも、江戸時代に描かれた街の様子の絵など各種の文化財に混じって、なんとラブライブのグッズが収蔵されてたり!
……ソレって「資料」なんでしょうか!?(*^^*)
もっともこの先 数百年後くらいになれば、れっきとした平成時代の庶民文化の一端を窺い知ることを可能とする貴重な歴史史料となるのかもしれません。

 BL160325LL-AKB_11.jpg


そんなこんなで、街の安寧と人々の多幸を祈願しましょう。

 BL160325LL-AKB_12.jpg


一方、作中で主人公がスクールアイドルとして絶大な人気を誇るライバル校として偵察に行った「UTX学園」とされている、JR秋葉原駅前のUDXビルがこちら。

 BL160325LL-AKB_13.jpg


主人公が決意を新たにしたのはこのあたりでしょうか。

 BL160325LL-AKB_14.jpg


ちなみに東京駅も作中で主人公らが合宿に出かける際の集合場所として登場します。

 BL160325LL-AKB_15.jpg


………と、いうような感じで、アニメ『ラブライブ!』の舞台としての秋葉原界隈も、なかなか味わい深かったです。

そんな、この『ラブライブ!』の魅力と意義については、また別途ツッコミブログのほうでもまとめてみたいと思います。

 →「ラブライブとガルパンをフェミニズムが評価すべき5つの理由


  


「希望の記念日」リアル東京駅 [プチお知らせ/日々の小ネタ]

「ど~もー、佐倉智美 著・小説『1999年の子どもたち』登場人物の佐倉満咲です♪」

「同じく、栗林理素奈です」

「ぃや~、今年度はボクたち、この形式でさんざんブログ記事に出演させられてきた…※

※例:

 →「『響け!ユーフォニアム』を隣の城陽市から検証する

 →「40年後のガッチャマン

 →「秋のお知らせブログ編『響け!ユーフォニアム』を隣の城陽市から検証する


 …けど、そんな2015年度もいよいよ大詰めだねぇ」

「で、今日は西暦2016年の3月19日。小説『1999年の子どもたち』作中では、私とミサキちゃんの東京ディズニーリゾート傷心旅行の最終日なんだね」

「……そんな2016年3月19日に、現実世界では作者がリアルに東京に来ているからって、舞台紹介・聖地巡礼にボクたちをまたまた遣わすなんて、まったく人使いの荒い父親だゼ;」

「まぁまぁ(^^;)」

 BL160319TokyoSt_01.jpg

「そんなわけで東京駅。今日の夕方に、ボクたちが京都に帰るためにディズニーランドからここへやってくるわけか…」

 BL160319TokyoSt_02.jpg

「行きしは夜行高速バスで直接ディズニーランド前まで行ったんだけどね」

 BL160319TokyoSt_03.jpg

「あぁ…、だからこの悪名高い京葉線乗り換え通路は、往路では未体験なんだね」

 BL160319TokyoSt_04.jpg

「……この間って、ガチで京阪電車の滝井駅と土居駅の間を歩くより遠いくらいだよねぇ;」

 BL160319TokyoSt_05.jpg

「こりゃ旅行荷物を抱えて新幹線に乗り換えるまでが一苦労だね。ボクたちはまだしも、小さい子を連れてたりしたら大変だヨ」

 BL160319TokyoSt_06.jpg

「そういえば私たち、新幹線に乗るおカネよくあったわね。今般のお父さんのリアル東京遠征も節約して移動は高速バスなんでしょ?」

「ぅん、なんでもソコらへんのリアリティを考慮すれば帰りもバスにすべきとは思ったらしいんだけど、やっぱ京都に帰るまでになにがしかの問題解決のいとぐちを見出したいけどみつからない……というボクの焦燥感を演出するには新幹線、それものぞみ号のスピードが好適だという判断だったんだって」

「で、やっとこさ名古屋を過ぎてから大発見をするわけネ。私は疲れて寝てるんだけど(^^;)」

「新幹線のぞみ号の車中で起死回生の希望に思い至る……ので節タイトルが《希望の記念日》ってゆーことで;」

「……でも、ホントに作中のクライマックスの日付にリアルになったのねぇ」

「あぁ、そうすると、ボクたちの作中世界は、今後は現実世界から見ると過去になっちゃうわけかぁ……; 近未来小説だったのに(^^ゞ」

「それは大丈夫ミサキちゃん! 私の《外伝・理素奈編》は私の大学生時代が舞台だから」

「そっか、あれって2019年だよね」

 

「というわけで、佐倉智美 著・小説『1999年の子どもたち』今後ともヨロシクお願いしますm(_ _)m」

「ソレも含めて各著作寄稿本等々ご購入いただけると、我が家の家計的に嬉しいです;」

「………^^;」

 BL160319TokyoSt_07.jpg

「じゃ~グランスタをひとまわりしてから作中のリアルタイムに戻ろっか」

「あっ!」

「どうした? リソナ」

「これ、先日話題になってた北海道新幹線の広告

 BL160319TokyoSt_08.jpg

「あー、お笑い芸人のコンビなんだけどゲイカップルに見えるのもまた微笑ましいやつだね(*^^*)」

「……こういうのが全然アリになったのねぇ、リアル2015年度って」

「やっぱり、そのあたりの時代の進展は、作者が初出執筆の時点で思ってた以上のものはあると言ってイイんだろうなぁ」

「まだまだ課題は多いとはいえ《LGBTに対するおおらかな受容》社会の基本姿勢として組み込まれつつあるって感じだもんね」

「……ということで、そんな時代の先端を、ボクたちも行こうか、リソナ(はぁと)」

「うん、ミサキちゃん(はぁと)」


◇◇