So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

八尾市の中学校で教職員研修の講師をしました [出演・講演講師など]

2016年8月下旬某日、
大阪府八尾市内の中学校にて、校区内の小学校などとも合同の教職員研修の講師を務めました。

LGBT児童生徒の困難をつくらない学校
 ~性の多様性を否定しない心づもりとは?~


「演題が8月上旬に同じ八尾市内の小学校でやったときの使い回しやん^^;」
……というツッコミもありそうですが、同時期のほぼ同趣旨の研修会ということもあり、必然的に共用するかたちになったものです。

なお、性的少数者にかかわる言葉として何を用いるかの選択は、いろいろ政治的な事柄としてデリケートではありますが、昨今の報道などでの使われ具合などから、一般への馴染み具合が高くなってきていてわかりやすいだろうと、こうした演題については、ここ最近は「LGBT」を入れるようにしています。


今回も皆さん、昨今の現場の緊切した課題として熱心に聞いていただけました。

また、八尾方面は先の今月上旬の小学校以前にもお話に伺う機会がくり返しあったため、今回に期せずしてリピーターとなった先生がおられ、以前の研修での内容が役立ち、実際に性別違和の生徒に接したときに戸惑わずに対応できて、その生徒も無事に卒業して、その後の進学先では望みの性別で通学して元気でやっているらしい……というような話も聞けてなによりでした。

この他にも、何らかの性的少数者であると表明した児童生徒を受け持ったことがあるとおっしゃる先生は、このところ増える傾向に感じられます。
それだけ事例が可視的になれるように環境が変わり、少しずつではあっても時代が進展し社会がおおらかになっていっているとしたら、素晴らしいことではないでしょうか。

 


堺市で研修会講師をしました [出演・講演講師など]

2016年8月26日(金)午後、
大阪府堺市で(おもに市民からの相談を受けることがあるようないくつかの部署の職員対象の)研修会講師を務めました。

平成28年度 第1回 相談機関研修
 「LGBT」ならではの悩みとは?
 ~性の多様性を前提にしよう~

性的少数者への関心が高まるなか、知らなかったり古い認識をアップデートしないままでは、もはやすまされないことに鑑み、(とりわけ主たる参加者として想定されている相談業務に携わる公務員として)最低限ふまえるべき性の多様性についての心構えや、まずは職場の中での環境を整える心がけなどについて、お話させていただきました。

皆さん熱心に自身の業務や関心に引きつけて耳を傾けていただきました。


ちなみに堺も、過去に何度も市職員研修や市民向けの男女共同参画講座、あるいは学校の教職員研修で伺わせてもらっていますが、そのときには参加できなかった人も当然にいますし、社会の情勢も随時変化していくもので、講師が話す内容もまたソレに合わせて更新されたりします。その意味では、同一の場所であっても、このようにくり返しこのテーマでの講座が持たれることは、とても望ましいことですね。


 BL160827Kitanoda01.jpg

なお、堺市の中でも今回の会場は交通の便も良い東文化会館
最寄り駅の南海電車北野田駅を降りてすぐのところにあります。

文化会館を含めた再開発でなかなかしっかり整った駅前です。
駅から文化会館まで屋根つきのペデストリアンデッキで直結。


 BL160827Kitanoda02.jpg

余談ながら、この北野田を訪れたときには、つい言いたくなりますね。

「北野田に来たのだ!」

(^o^;)ノ


夏の旅行2016・伊豆半島に輝く太陽の下につながるキセキを求めて [プチお知らせ/日々の小ネタ]

毎年恒例、佐倉智美・佐倉満咲の親子が行く「夏の母娘男旅」シリーズ

さて、今年はどうするか?


満「『ラブライブ!サンシャイン!!』って沼津のほうなんやっけ?」

 BL160825izu00.jpg
※本記事中に引用のアニメ画像は公式画・放送画面などをキャプチャしたもの

 §参考:『ラブライブ!サンシャイン!!』公式サイト


智「あぁ、あと今年2016年は、ちょうど『夏色キセキ』のDVD最終巻収録の特典映像の、4年後に4人が下田で再会するエピソードのリアルタイムだったりするデ♪」

 1608natkise16E.jpg

 §参考:『夏色キセキ』公式サイト


……………というわけで、協議を始めるやいなや、伊豆方面に行くことに即決してしまいました(^^ゞ

ぃや、ソレじゃもはや「男旅」ではなくて単なる「オタク旅」なんですけど(^^;)
(まぁ行き先選定はオタいですが、基本的には「男旅」的コンセプトは、決して外してはいないつもりです)

とはいえ、このほか『あまんちゅ!』も伊東周辺が主たる舞台ですから、この夏は伊豆が特盛りです。
※さらにテレビドラマ「時をかける少女」2016年実写版も伊豆でロケしているとのこと(主として沼津と下田らしいです。……めっちゃカブってるやん^^;)。
……思えば「時をかける少女」の2006年劇場アニメ版からもう10年なんですねぇ;

しかも関西から静岡県方面へ出かけるにあたっては、静岡でガンダムを見たり伊豆・湯ヶ島でトイレの神様(明徳寺)にお参りしたりした2010年時点ではまったく未開通だった新東名高速道路が2012年に部分開通し、そのときには未開通区間として残されていた豊田東JCT~浜松いなさJCT間も今年2月についに開通したため、旧来に比して非常に便利に快適になっています。

……やはりこれはもぅ今年は伊豆一択でしょう。


ということで、2016年8月某日より出かけてまいりました。


 BL160825izu01.jpg

上述のとおり新東名高速道路は快調で、伊豆半島の入り口にあたる長泉沼津インターチェンジの手前の駿河湾沼津サービスエリアまでつつがなく到達です。

その名のとおりの沼津市街の向こうに広がる駿河湾の眺望。
その先には伊豆半島が横たわっているのも見えます。

長泉沼津インターチェンジを下りた先も現在では自動車専用道路が整備されているので、それに沿って伊豆長岡まで行き、そこから少し西へ向かうのが、『ラブライブ!サンシャイン!!』舞台となる沼津市内浦地区への早道です。


 BL160825izu02.jpg

というわけで、やってきました内浦。
『ラブライブ!サンシャイン!!』第1話などで重要シーンとなっている場所が、まさにソコに!


 BL160825izu03.jpg

桟橋の左手にもアニメ作中で見覚えがある建物が。
奥には三津シーパラダイスの駐車場も。

ちなみに内浦は、閑静な環境における地元の人の生活を脅かすことのないように、各方面から公式に声明も出されていますので、ツーリストとして節度を持ちマナーを厳守するよう留意が必要です(なお浦の星女学院の校地校舎のモデルとなっているのは現地の本物の中学校ですから、この点も、迷惑となるようなことはくれぐれも控えるべきでしょう)。

特に路上駐車などは慎みたいところで、この付近の散策なら、500円払って三津シーパラダイスの駐車場に入れるのが最善でしょう
(理想は三津シーパラダイスの入場料も予算化したい)。
可能であれば公共交通機関利用が推奨されます。


 BL160825izu04.jpg

こちらは主人公・高海千歌の家という設定になっている旅館のモデルとなっているところですね。
ワタシたちの他にも様子を窺うラブライバー多数;


 BL160825izu05.jpg

そして三の浦総合案内所が、ガッツリと「サンシャイン推し」してます(*^^*)
(この案内所に隣接して駐車スペースがありますが、収容台数は限られているので、長時間駐車や、大挙して押しかけるようなことは、やはり避けたい)


 BL160825izu06.jpg

我が娘・満咲も、お気に入りのコンテンツが大きく扱われている様子に、まるで自分がスクールアイドルになったがごとくご満悦の様子。

ちなみにこういう場で見かけるラブライバーのボリュームゾーンとしてはどうしても若い男性が目立ちはしますが、私たちが訪れたときにはちょうど父母と娘2人の家族連れも来ていて、未就学児とおぼしき妹氏がパネルを指差して「千歌ちゃん、千歌ちゃん~(^^)ノ」とカワイイ歓声をあげていました。
…アニメ本編の内容は、いわゆる「女児向け」として制作されているアイカツやプリパラと本質的には何も変わりませんからねぇ。


 BL160825izu07.jpg

なんと地元のバス会社とのコラボ企画のラッピングバスも走っています。
いわゆる痛バス(^^;)


 BL160825izu08.jpg

コラボ企画には「あわしまマリンパーク」も乗っているようで、こちらでは淡島へ渡る船が装飾されて「サンシャイン号」になっています。


 BL160825izu09.jpg

そうして沼津市街地のほうへ戻り、第5話の背景に登場した沼津港の水門施設にして展望台である「びゅうお」を見上げるのでした。

この近くには「沼津みなと新鮮館」などもあり、海産物系のお土産ゲットには好適なスポットです。
飲食店街もあり、美味しい海の幸を味わえます。
かき揚げ丼などがガイドブック情報ではプッシュされていますが、しらす桜エビもこのあたりの自慢の素材。
あと、深海魚天丼なんてのもありましたヨ


 BL160825izu10.jpg

びゅうおからほど近いところには若山牧水記念館があります。教科書で読んだこの詩が好きな人は、訪れる価値あり。
ラブライブには今のところ無関係ですが、読書家だったという設定の花丸ちゃん経由で今後とりあげられる可能性があるかも!?


  


 BL160825izu11.jpg

下田への移動の途中、浄蓮の滝にも立ち寄り。
このへんだけはさしずめ石川さゆりの演歌「天城越え」の聖地巡礼ですネ^^;
滝のこちら側では、清冽な水を活かして伊豆らしく山葵が栽培されたりもしています。
駐車場には伊豆の踊子像もあったり。


 BL160825izu12.jpg

そして天城トンネルも越えて、河津のループ橋もぐるぐる下りて、突き当たった海を左手にさらに走ること小一時間、ついにやってきました『夏色キセキ』の地・下田!
(2010年の伊豆方面旅行では海に突き当たってからは左折して伊東方面にまわっていた)


 BL160825izu13.jpg

開国の港・下田ということで、黒船を模した観光船が有名。


 BL160825izu14.jpg

腹ごしらえは下田バーガー
伊豆の海の幸・金目鯛のフライを挟んだ、1000円という値段を裏切らない味とボリューム。
『夏色キセキ』作中でも第7話で凛子といっしょに優香が平らげる様子が描かれるなどしていました。

予算と食事機会に余裕があれば金目鯛は和食の店で煮付けも食べておきたいですが、当然のごとく沼津同様に下田も海の幸全般が豊富なので、今般の旅程であれば他を削っても食の予算と機会は相応にプランに入れておくのがよいかも。


 BL160825izu15.jpg

道の駅から移動して、今度は伊豆急行の下田駅前です。
ここもまた『夏色キセキ』作中で複数回登場したのが思い出されます。
放送当時は伊豆急行と夏色キセキのコラボ企画がいろいろあったはずですが、さすがに4年後の現在はその痕跡は見つけられませんでした。
ただ今年の伊豆急は『あまんちゅ!』の伊東が沿線であるため各種コラボ企画を実施するようですが、ノウハウは引き継がれているのかもしれません。


 BL160825izu16.jpg

そして4人のたまり場でもあった下田駅前ローソン
まさに『夏色キセキ』を象徴する場所です。


 BL120621-natsukise.jpg

放送当時はローソンもコラボ企画に参加していて、その際のクリアファイルがそのまま作中の往時を偲ばせるものになっていますね。


 BL160825izu17.jpg

さらに『夏色キセキ』の物語の鍵を握っていた「御石様」が境内にあり凛子の家でもあるという設定の神社の、建物のモデルである八幡神社(所在地は異なる)。
実際には「御石様」はここにはありませんが、それでも境内には涼やかな風が渡り、何かを見守る神秘的な空気が漂っていました。

なお奉納されている絵馬には夏色キセキコラボ版公式痛絵馬が健在。
祈願されている内容は個人情報なので仔細には紹介できませんが、アニメ2期を切望するものや(1期の物語がすでに続編はないような形でまとまっていることもあり難しいのが現実でしょうが、「夏色キセキ!サンシャイン!!」みたいな形の新シリーズならワンチャンあるのかも!? 主演メンバーに事務所の後輩にあたる TrySail の3人を配するとか??)、中には「優香と凛子が結婚できますように!」みたいなものも(*^^*)
……大丈夫ですヨ。4人が18歳になる年度であるこの2016年、国内でも同性パートナーシップ制度を導入する自治体が現れてますから!(ただし下田市ではまだ;)


 BL160825izu18.jpg

こちらは下田海中水族館
あの第4話の「入れ替わりデート」の現場ですね。
予算が潤沢なら入場料も払うべきですが、そうでなくてもこのエントランス広場で亀は見れます。イルカショーも遠目になんとなく雰囲気は味わえます。およびミュージアムショップとレストランも利用可能。


 BL160825izu19.jpg

コレはもしかして……!?


 BL160825izu20.jpg

そうしてペリーロードにも少しずつ夏の陽が傾いていく下田の街並み。
アニメで見たエピソードの背景を目のあたりにすることで、物語と現実を一体的に認識できるのが「聖地巡礼」の醍醐味ですね。


 BL160825izu21.JPG

ただ、ひとつ残念だったのは、アニメでも複数回登場した、こちら「ハリスの足湯」が諸般の事情により廃止・閉鎖されていたこと。
※しかもハリスの足湯の前で掲示を見てソレを知り呆然とするワタシたちの写真はスマホのカメラアプリのバグにより消失という追い打ちが(;゚Д゚)


 BL160825izu22.JPG

よって、ハリスの足湯でのオープニングのこのカットをはじめとする4人の追体験は未達成に終わってしまいました(OPのほか第7話で夏海と紗季の会話の場でもあったり)。
……やはり4年の間にはこの町も少しずつ変わっていくのですね…。


 BL160825izu23.jpg

かくして、ペリー上陸の地点から開国の港・下田を顧みつつ、そんな伊豆の地に紡がれる少女たちのキセキをめぐる旅に、多感なお年頃まっただ中の我が娘・満咲さんも、何やら胸に去来するものがあったようです。

思えば、かの4人とはちょうど1歳下にあたる満咲さんが『夏色キセキ』を観たのは中1のときで、それから4年たち高2になった今、自らの将来を見据えながら、さまざまな出会いと別れを現在進行形で経るなか、思うところが少なくないことは想像に難くありません。


 BL160825izu24.JPG

きっと少女たちが駈けた軌跡の先に、また新たなる奇跡の物語が連なる未来は、絶えることがないのでしょう。


  

  


 BL160825izu25.jpg

……そんなわけで、お土産を開梱すると、結果的にはサンシャイン商法に見事にハマっていたとゆー;




青土社「ユリイカ」に寄稿しました [執筆・共著雑誌寄稿など]

◇◇

 BL160812_eureka07.jpg


青土社の月刊誌(「詩と批評」を謳った総合文芸雑誌)である「ユリイカ」の2016年9月臨時増刊号総特集=アイドルアニメに、ワタクシ佐倉智美が寄稿しました。

歌姫のもたらす希望》のセクションに、収録されている、題して

『マクロスΔ』の三位一体とケアの倫理の可能性

 …が、それです。


 BL160812_eureka04.jpg


ざっくり言うと、マクロスシリーズとプリキュアシリーズとアイドルアニメ群の三者間における相互関係・相互作用に着目しながら、いわゆるキャロル・ギリガンの「ケアの倫理」概念を補助線に当て、「女性どうしのホモソーシャルな親密圏」の価値基準が紡ぐ営みが男性ホモソーシャル権力構造を撹乱できる・しているという観点からの、アニメアイドルの可能性を論述しています。


「1年前の《男の娘特集》でも同時期の同じ青土社の『現代思想』の《LGBT特集》でも呼んでもらえてなかった佐倉智美先生が【アイドルアニメ特集】でユリイカに寄稿しててワロタw」
 ……というツッコミはくれぐれもナシで(^^ゞ

てゆーか2016年になってから拙稿が印刷物になった実績って、ここまで『1980年代』のやつ『フォーラム現代社会学』の書評と、もうすでに2つともポピュラーカルチャー系だったりしなくもありません;
(…『性同一性障害の社会学』の《2期》ははたしていつになるのでしょう!?)
※「2期」言うな(^^;)

もちろん上述の梗概からも読み取れるとおり、ひろく「ジェンダー」の観点は、決して外しているわけではありません。


 BL160812_eureka06.jpg


 ◇◇


いずれにせよ目次をあらためてよく見ると、拙稿の他には非常に興味深い内容が並んでいます。

 ↓以下青土社公式サイトより


ユリイカ2016年9月臨時増刊号 総特集=アイドルアニメ
-『アイドルマスター』『ラブライブ!』『アイカツ!』、そして『KING OF PRISM by PrettyRhythm』…二次元アイドルのスターダム-

税別 1600円

ISBN978-4-7917-0313-5


■世界の輝き
『KING OF PRISM by PrettyRhythm』という奇跡 プリズムスタァのきらめきを追いかけて / 菱田正和×西 浩子×依田 健 司会・構成=上田麻由子
虹の先を越えてゆくために 『KING OF PRISM by PrettyRhythm』における四次元の想像力 / 上田麻由子
生の肯定としての「み~んなアイドル」 『プリティーリズム』から『プリパラ』へ /筒井晴香
アイドルアニメは【コンテンツ】ではない。 / 綾奈ゆにこ
ストリートの矜持 / 増田俊樹 聞き手=編集部
踊れ、歌え、闘え / 武内駿輔 聞き手=編集部

■アップデートされるアイドルアニメ
アイドルアニメと美少女の表現史 一九八〇~二〇一〇年代 / 泉 信行
きらきらの向こう側 男性アイドルとヒーローの結節点 / 須川亜紀子
「萌え」が死に、「アイドル」が生まれる 受容と環境の変化 / 想田 充

■Music on Character
キャラクターの歌声と音楽の場所 アイドル‐ゲーム‐アニメのリアリティライン / ミト×さやわか
アイドルは音楽である 「芸能人はカードが命」と「SEVENTH HAVEN」から / シノハラユウキ
声優‐キャラ・ライブという例外状態 その条件としてのオーディエンスの情動と主体 / 川村覚文

■アイドルは誰のために
“笑顔”のアイドル活動 / 大橋彩香 聞き手=編集部
個人競争主義的アイドルとチーム団結主義的アイドル AKB48に共鳴/対峙する二次元カルチャー / 中尾 暁
スクールアイドルの輝きの向こう側へ 『けいおん!』から読む『ラブライブ!』 / 高瀬 司
女性アイドルの「ホモソーシャルな欲望」 『アイカツ!』『ラブライブ!』の女同士の絆 / 安田洋祐
「変身」の変容史 アイドルにならなかった森沢優と、多重に変身し「女の子」を攪乱する『プリパラ』のアイドルたち / 柴田英里

■歌姫のもたらす希望
すべてがどこかにつながっている / 鈴木みのり 聞き手・構成=飯田一史
アイドルアニメとしてのマクロス なんのために、どんな想いで歌うの? / 飯田一史
『マクロスΔ』の三位一体とケアの倫理の可能性 / 佐倉智美

■次元を超えるアイドル
アイドルはアニメを照射できるか / 香月孝史
二・五次元作品としての『AKB0048』 / 小林 翔
アイドル、スター、そして都市 『サクラ大戦』から見える風景 / 新野 安
あいどるたちのいるところ アイドルと空間・場所・移動 / 岡本 健

■アイドルアニメの現在地
アイドルアニメガイド


 ↑以上青土社公式サイトより

しかも、こうして俯瞰すると、かなり上手いことネタカブりせずに分担できた感があります。
特にワタシの内容と競合可能性が高いジェンダー等の視点で書くだろう人が、須川亜紀子さんは男性アイドルにまわってるし、佐倉が(主としてレオナ・ウェスト紫京院ひびきの「性別」をめぐって)書くことをもしかして期待されてるのだろうかと迷った『プリパラ』については柴田英里さんや筒井晴香さんが書いてくれています。
また、拙稿の論理展開の重要な前提ともなる「女性ホモソーシャル」「女同士の絆」にかんしても丁寧な詳論が出ているのは大変にありがたい。
あと拙稿のひとつ前で、マクロスシリーズ関連を総括したアイドル論として飯田一史さんに補完していただいている形になっているのも非常に助かります。
まさに(本誌中の声優・鈴木みのりさんへのインタビュー記事のタイトルがそうなっているように)「すべてがどこかにつながっている」な様相です。
……集合知を織り上げるとはこういうことなんですねぇ(と、あらためて実感)。


 BL160812_eureka01.jpg

↑表紙/裏表紙↓

 BL160812_eureka02.jpg


反響はなかなかのものなようで、「はてなニュース」などでも紹介されています。
文芸誌『ユリイカ』でアイドルアニメを特集 キンプリ制作陣による座談会も

この記事の書き方だと《「歌姫のもたらす希望」と題した項目では、歌が鍵となっているSFアニメ「マクロス」シリーズを中心にした寄稿》した《有識者》……というのは、つまりそのひとりがワタシだという扱いになってるわけですね(^^ゞ

ともあれ、このように紹介され、目玉企画としてキンプリ座談会が掲載されていることもあり、普段は「ユリイカ」を手に取らない層からも注目され、アマゾンの売り上げランキング雑誌部門1位になったりもしました。

アニメ雑誌の感覚で読み始めると、小難しいと感じる論考も多々掲載されてはいますが、可能な範囲でいろいろなページに目を通してもらえたら嬉しいところです。
拙稿も、タイトルは堅めにしましたが、ぶっちゃけ『マクロスΔ』がああいう「プリキュア風味アイドルアニメ」になった【必然】の先にあるものはじつはスゴイよ……を論述していると言ってもよいでしょう(!?)

あと、「『マクロスΔ』の三位一体」とは、むろん「マクロスΔ」が上述のようにロボット・プリキュア・アイドルを三位一体で描いてることを述べてますが、筆者自身が「ジェンダー論も究めた社会学つかい」「現役アニオタ」そして「多感な思春期に超時空要塞マクロスをリアタイした歴史の生き証人」という立場も三位一体に統合して書いている……という点もはからずも含意していたかもしれません。


 ◇◇


というわけで、いろいろ興味深いところが多い、この「ユリイカ」2016年9月臨時増刊号【総特集=アイドルアニメ】、興味をひかれたところが少しでもあれば、手に取っていただけると幸いです。

「ユリイカ」は便宜上月刊誌と呼ばれていますが、流通上はムックに区分されるということで、大型書店などではバックナンバーも揃えて並べられていることが通例です。

またアマゾンではKindle版があるなど、電子版を読むという方策も用意されています。




八尾市の小学校で教職員研修の講師をしました [出演・講演講師など]

2016年8月上旬某日、
大阪府八尾市内の小学校にて、教職員研修の講師を務めました。

LGBT児童生徒の困難をつくらない学校
 ~性の多様性を否定しない心づもりとは?~


やはり基本的には目新しい研修テーマに皆様熱心に吸収につとめておられましたが、中には過去の児童について思い当たるフシがあると回顧される先生が複数いたり、身近な事例として性的少数者に接しているような報告もあり、そのあたり時代の進展がうかがえるものでもありました。


なお八尾には今までも学校関係の集合研修に何度か呼ばれていましたが、今回はそのときの参加者だった先生が校内研修にもぜひにと提案されたご縁でうかがわせていただくことになったという次第です。