So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

出演・マスメディアなど ブログトップ
前の6件 | -

尾木ママ「いのちの授業」の本に登場しました [出演・マスメディアなど]

ポプラ社から刊行された

尾木直樹 (監修) 
『尾木ママのいのちの授業[3] みとめあういのち
ISBN-10: 4591153584
ISBN-13: 978-4591153581

 BL170427ogiMamaT01.jpg


…に、私・佐倉智美が登場しています。

本の中の尾木氏が実際に東京都内の小学校で授業をするシークエンスにて、同じポプラ社より昨年に刊行された渡辺大輔監修『いろいろな性、いろいろな生きかた』全3巻のうちの第1巻「いろいろな性ってなんだろう?にインタビュー出演した箇所を教材として利用する形です。

 BL170427ogiMamaT02.jpg


人は「男女」に二分できず、性は多様
性別にこだわらず自分らしく生きればよい。
……そんな気づきを子どもたちに促すなかなかナイスな授業ですね。

 BL170427ogiMamaT03.jpg


この本の後半では高齢者や障害者にも言及するほか、全5巻の他の4巻も興味深いところです。
多様な他者との共生の姿勢を育みながら自分のいのちを見つめる構成は秀逸。

今般の引用元とともに、ぜひ学校図書館に揃えたいものです。


  


◇◇


ポプラ社『いろいろな性、いろいろな生きかた』に登場 [出演・マスメディアなど]

小中学生向け性の多様性を解説した、いわば「LGBT読本」とも言える3冊組の書籍『いろいろな性、いろいろな生きかた』が、ポプラ社から2016年4月に発刊されました。

私・佐倉智美も取材に協力し、このうちの第1巻「いろいろな性ってなんだろう?」に登場しています。

自分自身の性別違和の体験をふり返りつつ、現在の親子関係における「我が娘・佐倉満咲さん」にかかわるエピソードもいくつか紹介され、そこからさらに「性別と社会のかかわり」についての示唆にも触れてありのままの自分でイイよ」と結んでいます。

 BL160412_01-P-LGBT3.jpg

 BL160412_02-P-LGBT3.jpg


他のパートの内容も、非常に秀逸なつくりだと言えます。

取材に協力して登場などする関係者も多岐にわたり、そこはかとなく「総力を結集した」感があります。

全体として、性の多様性~性的少数者について、子ども向けに簡潔にわかりやすく、しかし丁寧に、しかも類型的な語り方に陥らず、幅広く多面的な視点からまとめられた良書となっています。

………てゆーか、こんな本が自分の子ども時代にすでにあったなら、どんなに救われたか!

その意味でも、この全3巻は、多くの子どもたちに読んでほしい!!

学校図書館にゼヒとも所蔵したいマストタイトルです。

 BL160412_03-P-LGBT3.jpg
◇◇

ポプラ社『いろいろな性、いろいろな生きかた』
 監修:渡辺大輔(全3巻)

第1巻「いろいろな性ってなんだろう?

第2巻「だれもが楽しくすごせる学校

第3巻「ありのままでいられる社会

 → ポプラ社公式サイトの紹介ページ

 →ブックサービス」での第1巻取扱ページ

◇◇
  

  

◇◇

◎ちなみに、ちょっと検索するとほぼ同じ趣旨で編纂され最近出版されたと見受けられる、やはり3冊組の書籍があったりします(→『もっと知りたい! 話したい! セクシュアルマイノリティ ~ありのままのきみがいい』日高庸晴:編 汐文社 2015)。
つまりライバル本なのですが(^^;)、1歩引いた視点から言えば、こうした情報が増え、子どもたちにも手に取りやすくなるというのはスバラシイことです。
いゃ~、やっぱイイ時代になったねー
 ヽ(^。^)ノ

 

◇◇


西宮WAVE情報誌に「ファッションと自分らしさ」で登場 [出演・マスメディアなど]

兵庫県西宮市の男女共同参画センター《 WAVE 》情報誌『 WAVE PRESS 』Vol.18(2016年3月号)の特集「服って何もの? 着るってどういうこと?」にて、私・佐倉智美のインタビュー記事が掲載されました。

 BL160411_01-WP201603.jpg


佐倉さん ファッションインタビュー
「オレンジやピンクの明るい華やかな色で表現する自己像があります」

男女共同参画社会へ向けてファッションを「生き様」「自己表現」として問いなおす企画の趣旨を受けて、トランスジェンダーとしての経験から、男性として許容されていたドレスコードの制約を超克して女性としての自己を掴み取る過程で、服装・ファッションが、自己表現としてどのように機能し、どのように自己像と相互作用を起こしたか……などを軸に、いろいろお話させていただきました。

 BL160411_02-WP201603.jpg

◎西宮市公式サイトにPDFもあるようです(6MB)
 →【 情報誌ウェーブプレス18号-2016年3月


◇◇

 


「萌えおこし批判」問題について「THE PAGE」にコメントしました [出演・マスメディアなど]

いわゆる「萌えおこし批判」問題について私・佐倉智美がコメントした内容を元にした記事が、ニュースサイト「THE PAGE」に掲載されました。


「萌えキャラ」ポスターは女性蔑視? 何が問題だったのか
 → http://thepage.jp/detail/20151215-00000003-wordleaf
detail/20151215-00000003-wordleaf


簡潔にまとめるために多少は言葉が端折られた感もないではないですが、おおむね過不足なく必要な視点を盛り込んで記事にしていただけたと思います。


※趣旨としては、夏の「碧志摩メグ」騒動などの際にまとめたツッコミブログの記事にとりまとめた話に準拠した内容になっています

 → 「オタク対フェミ」でも「男vs女」でもない!
  ――公認萌えキャラ碧志摩メグ女性蔑視問題を交通整理したい

 → 「性的な表現」が問題となるとき


 

 


WEBテレビのニュースチャンネルに電話出演 [出演・マスメディアなど]

2015年8月10日(月)、
フジテレビ報道局がweb上で展開するインターネットニュースチャンネルホウドウキョク」の番組『あしたのコンパス』に、電話インタビューという形で生出演しました。

 →「ホウドウキョク」webサイト
http://www.houdoukyoku.jp/


このときのテーマは三重県志摩市での公認萌えキャラ女性蔑視問題

 →問題の概要はこちらなどに
http://www.huffingtonpost.jp/2015/08/08/aoshima-meg_n_7959002.html

 →志摩市「公認萌えキャラ」碧志摩メグ公式サイトはこちら
http://ama-megu.com/


コレに対し、佐倉智美としては、

ジェンダー論・フェミニズムに精通した社会学の使い手としての立場から
 かつ
萌えコンテンツを含めたポピュラーカルチャーにも詳しい立場から
 および
トランスジェンダーとして性別を超越して「男女」の対立構造を相対化できる立場から、

この種の対立はしばしば発生すること、
「萌え」を求める側にも「女性」の立場や性の扱いに自覚や配慮は必要なこと、
批判する側にもステレオタイプな萌えフォビアに陥らずに多面的な視点が必要なこと
問題を「男女の対立」に単純化せず、相互理解の姿勢で多様性が共生する、
お互いの人権尊重を基盤にした豊かな文化的発展が目指されるべきであること……

などをお話することを期待された形です。


 BL150811AmaMegGender.jpg
 ※実際の配信画面のキャプチャ画像


番組内では、キャスターの速水健朗さんとの掛け合いのなかで、時間配分などにも気を配らないといけないため、なかなか内容を整理しきれなかった面もありますが、その分発展的な話題にも触れることができたかもしれません。
特に「フェミニズム的立場から見て『萌え文化』が大きな可能性を内包していること」を指摘できたのは良かったのではないかと思います。

 →番組で語った内容などを再構成したものはツッコミブログのほうにまとめました
  「オタク対フェミ」でも「男vs女」でもない!――
     公認萌えキャラ碧志摩メグ女性蔑視問題を交通整理したい」
http://stream-tomorine3908.blog.so-net.ne.jp/2015-08-11_AoshimaMegu


◇◇

◎当日の番組のアーカイブ視聴が「ホウドウキョク」webサイトのほうでできるようです

 → 8/10の『あしたのコンパス』冒頭から
http://www.houdoukyoku.jp/pc/archive_play/00042015081001/1/

 → 碧志摩メグについての話題の冒頭から
http://www.houdoukyoku.jp/pc/archive_play/00042015081001/5/

 → 佐倉登場場面を含む部分
http://www.houdoukyoku.jp/pc/archive_play/00042015081001/6/



 


ほんとにそっちでいいの? [出演・マスメディアなど]

関西学院大学2011年度授業のメディア制作演習において、受講学生のうちのとある班が制作する映像作品『ほんとにそっちでいいの?』に出演しました。

おもちゃの性差」を切り口にジェンダーを考えるという内容で、「おもちゃの性差」が社会的に構築される状況についてや、自分が割り振られた性別に応じた選択が自分の思いと食い違う子どもたちの心情などについて、インタビューに答えて語る形で登場しています。


ぶっちゃけ、ネットを検索したらワタシが「キティちゃん VS 新幹線くん」とか「男女の“色分け”」とか「テレビの子ども番組におけるジェンダーバイアスはどこにあるか」とかをはじめ、ツッコミブログのほうでも何やらいろいろ書いているので、出演の白羽の矢が立ったということだと思います(^^ゞ

 

◎なお、この作品『ほんとにそっちでいいの?』は、制作した学生の皆さんのご厚意により上映許可が得られたので、来たる2011年11月27日(日)のNPO法人SEAN主催の講座内のワークの一環として上映されるかもしれません。
  ↓
子育て支援サポーター養成講座
Step4 ワークショップ 11月27日 13:15~15:15
  女の子・男の子で 絵本・おもちゃが違う?
    →詳しくはチラシ参照


 


前の6件 | - 出演・マスメディアなど ブログトップ