So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「LGBT」「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

出演・講演講師など ブログトップ
前の6件 | -

2018年度の大学講義予定 [出演・講演講師など]

2018年度の私・佐倉智美の大学講義予定ですが、引き続き甲南大学文学部の非常勤講師として、例年どおりジェンダー論の授業を分担いたします。
好評の担当教員が集まってパネルディスカッション形式で内容を深化する回も引き続き設けられています。

 《シラバス情報》
『ジェンダー論』後期:木曜3限
第13回 ジェンダーと性的少数者(1) 佐倉智美
第14回 ジェンダーと性的少数者(2) 佐倉智美
第15回 まとめとディスカッション 安武留美・北原恵・佐倉智美・西欣也


大阪大学の全学共通教育科目『現代の差別を考える――女性学・男性学』も、やはり引き続き(事実上の「特任非常勤講師」として)分担いたします。
2015年度にリニューアルされた教科書( http://est-tomorine3908.blog.so-net.ne.jp/2015-04-03_newGSosakauniv )も引き続き活用いたします。

 《シラバス情報》
『現代の差別を考える/女性学・男性学――ジェンダースタディーズ入門』
春~夏期:金曜1限
【 8:「性別」は「男と女」ではない 】佐倉智美


 



以上の他、例年のパターンに則して適宜ゲスト出講することになる予定です。




三田の小学校にて教職員研修をしました [出演・講演講師など]

2018年2月半ば、
兵庫県三田市の市立小学校にて教職員研修の講師を務めました。

LGBTの困難をつくらない学校に
 ~「多様な性」をはじめよう~


すでに繰り返し訪れている三田市ですが、直接的には昨年の8月末の中学校での教職員研修からのご縁で、今回また伺うことになったかたちです。

小学校でも性の多様性は緊切した課題で、みなさま熱心に耳を傾けていただきました。

また、今般は教職員に加えて保護者のほうからも聴講希望の方が複数参加されており、関心の高さが伺えました。
というか小さいお子様連れの保護者の方もおられたので、(いわゆる18禁な話題への配慮も必要になった反面)こんなことならプリパラプリキュアの資料画像もパワーポイントのスライドに入れてくればヨカッタなぁ……ということにも;

よくよく考えると、今どきの小学校低学年児童は息をするようにプリパラやプリキュアを見て育ってる世代なわけなので、だからこそ接する大人は性の多様性にかかわる認識を適切にアップデートしないと子どもに置いてかれることになるかもしれませんね。


◇◇



共通テーマ:学校

豊島高校でゲスト講師2017 [出演・講演講師など]

2017年11月下旬、
この時期恒例、大阪府立豊島高校の選択科目「ライブ~輝く命」での、合計2クラスの授業のお手伝いを今年もしました。
恒例すぎて、このお知らせ記事もほぼテンプレですね;


例年と同様、みなさんしっかり熱心に耳を傾けてくれていました。
時代の進展とともに、いまどきの高校生世代の間では、性的少数者性が身近な現実感の中の存在になってきているような印象は、やはり確かにあります。


というか、今年度の2年生は、とうとうウチの娘よりも後輩学年に(^^;)


 BL171130Teshima2017.jpg

いつもの晩秋の豊島高校。
部活もがんばってるみたいですね。


◇◇



共通テーマ:学校

河内長野での男女共同参画連続講座を担当します [出演・講演講師など]

来たる2018年1月の火曜日の午後2時から4時、
大阪府河内長野市にて
全3回にわたっての連続講座があり、今般NPO法人SEANから週替りで講師が赴きます。

 BL171117KawachiNagano.PNG


男女共同参画推進講座
「多様化する社会を生きやすく ~気づきの一歩~」

1週目(1月16日)
 女子力ってなに ~思い込みはないですか~
 ジェンダーについて考え直してみましょう。きっと新しい気づきがあるはずです
  講師:遠矢家永子
2週目(1月23日)
 テレビCMを考えてみよう ~情報に流されず考える力を~
 テレビやネットなどのメディアと上手につきあう力を身につけましょう
  講師:小川真知子
3週目(1月30日)
 多様性 誰もが生きやすく ~性別の境界を疑いながら~
 性別は単純に女と男だけでしょうか。人の性のありようについて学びましょう
  講師:佐倉智美


……というわけでワタクシ佐倉智美が2018年1月30日(火)、河内長野に参ります。
基本的に性的少数者・LGBTの話題を軸にしつつ、男女二元的な「性別」の捉え方を超克した観点からの男女共同参画社会の展望や、マイノリティの社会的包摂の勘所などをお話させていただくことになろうかと思います。

ご都合が合う方はどうぞお越しくださいノ


詳細・申し込みは河内長野公式サイトの当該案内ページから
 → http://www.city.kawachinagano.lg.jp/kakuka/sougouseisaku/jinkensuishin/event/dannjyokyoudousannkaku.html


会場は河内長野市市民交流センター(キックス)
参加費無料。


「多様性」をキーワードにジェンダーの視点から現代社会でのひとりひとりの生きやすさにつながる連続講座です。
たくさんのご参加お待ちしております。


◇◇

(2018/01/31)
全3回の講座すべて有意義のうちに終了しました。
30日の佐倉担当回も、熱心な参加者の皆様からの活発な発言もまじえて、濃密な時間が作れたものと思われます。ありがとうございました。


◇◇



共通テーマ:資格・学び

吹田市職員研修の講師をしました [出演・講演講師など]

2017年11月15日(水)、
大阪府吹田市の市職員人権研修会の講師を務めました。

LGBTの社会的課題
 ~多様な性を身近に捉える~


吹田市は去る7月にも市民講座の講師をしたところですが、それだけ全市的にこのテーマに精力的に取り組んでいるようで、職員研修でも前年度に続いてだとのことでした。
前年度の職員研修では法律的な観点からに専門性があるお話だったらしく、今回の内容はそれをふまえて、当事者性プラス社会学的アプローチ~ジェンダー論・クィア理論を主軸に佐倉色を出させていただきました。
皆さま熱心に聴講いただき、今後の職務に役立つ何かを持ち帰っていただけたようです。


◇◇


伊丹市の公立高校での人権学習講師を務めました [出演・講演講師など]

2017年11月初旬の某日、
兵庫県伊丹市内の公立高校にて、
第3学年生徒向け人権学習の講師を務めました。

LGBTって何?
 ~みんな多様性の主人公~


時間が1コマ分しかない中で、学校側からは非常に熱心に内容についてのリクエストもあり、いろいろ盛り込んで大急ぎになってしまいましたが、それでも皆さん熱心に聴いていただき、しかるべきエッセンスはしっかり伝わったようです。
「LGBTの人たちのこと《も》理解してあげよう」ではなく「誰もが多様な性の可能性を持っている」……という点も、むしろ腑に落ちるところだったという感触もありますがいかがでしょう。


 BL171111ItamiHS.jpg

あと、道中の伊丹の町並みは歴史を感じる佇まいで、なかなか趣が深かったです。


◇◇


◇◇



共通テーマ:学校
前の6件 | - 出演・講演講師など ブログトップ