So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

出演・講演講師など ブログトップ
前の6件 | -

吹田の市民講座にて講師をいたします [出演・講演講師など]

来たる2017年7月6日(木)の午後、
大阪府吹田市にて生涯学習講座の講師を務めます。


 §以下↓公式情報から↓抜粋§


平成29(2017)年度 生涯学習吹田市民大学特別講座

多様性で創る未来~LGBTを知っていますか~』

実施:平成29年7月6日(木) 14:00~15:30

定員:150名(申し込み不要)

主催:吹田市地域教育部まなびの支援課

場所:千里市民センター大ホール(南千里)

講師:NPO法人SEAN理事 佐倉智美さん

性的少数者といわれるLGBT、日本では13人に1人いると言われています。
LGBT当事者である講師から、性別は男女の2つだけなく多様であり、多数派=普通ではないということ等、ご自身の体験を通じた様々な話をお聞かせいただきます。
性別よりもありのままのその人を認め合うことができる社会の大切さについて共に考えませんか。
誰もが性別にとらわれず「こう生きたい」が普通になる世の中になるように…。


 §以上↑公式情報から↑転載§


昨秋の男女共同参画講演会でのご縁から、今度は生涯学習の観点からの市民講座としてお話する機会を頂戴したものです。

基本事項をわかりやすく、さらにはそもそも「性的少数者」「LGBT」「当事者」とは!? …といった深いところまで、時間の許す限り掘り下げたいと思います。

ご都合が合う方は、ぜひご参加ください。


◇◇

(2017/07/07)
暑い中にもかかわらず、たくさんの方々にご参集いただけました。
当記事をまとめながら「定員:150名」「大ホール」という文字列にあらためてヒビって「0人ライブはイヤだ~」と思っておったものの、昨今のこのテーマへの関心の高まりに助けられました(^^ゞ
やはり時間は限られているので深い掘り下げはじゅうぶんではなかったかもしれませんが、その分ていねいに話せたところも多く、いろいろ持ち帰っていただけたようです。
ありがとうございました。

◇◇


橿原市での市民講座にて講師を務めます [出演・講演講師など]

来たる2017年5月19日(金)の午後、
奈良県橿原市にて人権・男女共同参画の講座講師を務めます。


 §以下↓公式情報から↓転載§

自分らしく生きる
~女子高生になれなかった少年~

男の子として生まれ、現在に至るまでの自身の心の違和感・葛藤、そしてカミングアウトした後の周囲の反応をどのように受け止めてきたのか。
講師の体験を通して、自分らしく生きることについて考えてみましょう。

開催日時
平成29年5月19日(金曜日)14時00分~16時00分

場所
大和信用金庫八木支店3階会議室

対象
橿原市在住・在勤・在学の方 30名
(申込順、定員になり次第締切)

講師
佐倉智美さん(NPO法人SEAN理事・ジェンダー&セクシュアリティライター)

費用無料

申込み
5月5日(金曜日)から電話で
かしはらナビプラザ4階男女共同参画広場『ゆめお~く』で受付ます

託児は無料(申込み順10名)
託児(講座当日1歳から就学前までの幼児)を希望される方は5月9日(火曜日)までに予約してください

男女共同参画推進団体「ともの会」共催


 §以上↑公式情報から↑転載§


お問い合わせ・お申し込みなど公式情報ページをチェック
(申込は5月5日(金)午前11時から)
https://www.city.kashihara.nara.jp/jinken/danjo/event/hiroba/29/jibunrashiku.html
 §チラシPDFもここからダウンロード可能


◇◇

(2017/05/21)

参加者の皆様の熱心かつ話を柔らかく的確に受け止めてくださる姿勢のうちに、無事終了いたしました。
ありがとうございましたノ


 BL170501KashNr_A.jpg

ちなみに、会場の最寄り駅・近鉄の大和八木は橿原市の玄関口の機能を持っています。


 BL170501KashNr_Bx2.jpg

公共施設のロビーにて今回の講座の告知もされていました。


◇◇


大阪府下の保育園での職員研修の講師を務めました [出演・講演講師など]

2017年4月上旬某日、
大阪府内の保育園にて、
職員対象の人権研修での講師を務めました。

「男女」で分けるその前に
~みんな多様な性を生きている前提で~


近年の「LGBT」への関心の高まりに触れつつ、何でも「男女」で分けることや異性愛に準拠して捉えることへの疑問を、日頃の園児への接し方保護者対応などでの留意点にからめてお話しさせていただくなどしました。
最後は「あ、そうか、みんなちがってみんないい……でエェんや」と、肩の力を上手く抜いてもらえたようです。


◇◇

 


2017年度の大学講義予定 [出演・講演講師など]

2017年度の私・佐倉智美の大学講義予定ですが、引き続き甲南大学文学部の非常勤講師として、例年どおりジェンダー論の授業を分担いたします。
好評の担当教員が集まってパネルディスカッション形式で内容を深化する回も引き続き設けられています。

 《シラバス情報》
『ジェンダー論』後期:木曜3限
第13回 ジェンダーと性的少数者(1) 佐倉智美
第14回 ジェンダーと性的少数者(2) 佐倉智美
第15回 まとめとディスカッション 西欣也・北原恵・佐倉智美


大阪大学の全学共通教育科目『現代の差別を考える――女性学・男性学』も、やはり引き続き(事実上の「特任非常勤講師」として)分担いたします。
一昨年度リニューアルされた教科書http://est-tomorine3908.blog.so-net.ne.jp/2015-04-03_newGSosakauniv )も引き続き活用いたします。

 《シラバス情報》
『現代の差別を考える/女性学・男性学――ジェンダースタディーズ入門』
春~夏期:金曜1限
【 8:「性別」は「男と女」ではない 】佐倉智美


 


以上の他、例年のパターンに則して適宜ゲスト出講することになる予定です。



滋賀県立の高校で人権学習の講師を務めました [出演・講演講師など]

2017年2月某日、
滋賀県の県立高校にて、
第2学年対象の人権学習での講師を務めました。

ジェンダーとLGBT 60min 超入門
ジェンダーを考える ~豊かな社会をめざして


今回も昨秋の大阪府立高校と同様に時間が限られていたため、細かい話は取捨選択せざるをえず、しこうして「超入門」構成でまとめるかたちにやはりなりました。
すなわち…

異性愛がフツー?
同性どうしの親密性は??
恋愛と友情の境目って!?
そして「異性」「同性」って何が基準??
そもそも「女」「男」って?

 …といったギモンを前面に出し、

【「男女」で「異性愛」なのが《正常》で《普通》…なのではない】のが誰にとっても自由でおおらかで生きやすい
 ↓
《「LGBT」を理解する》よりも【みんなひとりひとりが、じつは「多様な性」を抱えて生きている】

 …に重心を置いた組み立てです。

プリパラのレオナの話や『桜Trick』のあのシーンのスライドも好評(!?)だったようですが、全体的にもしっかり要点をつかんでもらえたようです。


◇◇

 


豊島高校でゲスト講師2016 [出演・講演講師など]

2016年11月某日、
この時期恒例、大阪府立豊島高校の自由選択科目「ライブ~輝く命」での、合計2クラスの授業のお手伝いを今年もしました。


例年と同様、みなさんしっかり熱心に耳を傾けてくれていましたが、時代の進展とともに、いまどきの高校生世代の間では、性的少数者性が身近な現実感の中の存在になってきているような印象はやはりあります。


というか、今年度の2年生は、ついにウチの娘と同学年になってしまいました(^^;)


 BL161130Teshima2016_01.jpg

 BL161130Teshima2016_02.jpg

なお、この時期の北摂の晩秋の空気の中に在る豊島高校、いつもながらしっとりした良い趣を纏っています。

◇◇


前の6件 | - 出演・講演講師など ブログトップ