So-net無料ブログ作成
検索選択

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

出演・講演講師など ブログトップ
前の6件 | -

八幡市にて性の多様性について講演します [出演・講演講師など]

来たる2017年10月5日(木)午後、
京都府八幡市にて男女共同参画社会啓発講座の講師をいたします。

女と男とLGBT
~境界から展望する性の多様性~


ご都合が合う方はどうぞお越しくださいノ

詳細・申し込みは八幡市公式サイトの当該案内ページから
 http://www.city.yawata.kyoto.jp/0000003526.html


 §以下↓公式情報から↓転載§

平成29年度 男女共同参画社会 啓発講座
女と男とLGBT ~境界から展望する性の多様性~

LGBTという言葉をご存知でしょうか。人それぞれに個性があるのと同様、「性」についても単純に「男・女」という枠には収まりません。
まだまだ正しい理解がされていない性的マイノリティについて、多様性を認めあえる社会について、一緒に考えてみませんか。

日時
10月5日(木曜日)午後1時30分から3時(開場午後1時)
場所
八幡人権・交流センター 会議室
講師
佐倉智美さん(ジェンダー&セクシュアリティライター)
定員
30名(入場無料 *事前申込み必要)
申込み締め切り
9月28日(木曜日)*定員になりしだい締め切ります。
保育(1歳から就学前児)をご希望の方は必ず申込時にお申込みください。
申込方法
八幡人権・交流センター
電話または窓口でお申込みください。


 §以上↑公式情報から↑転載§


なお、講座のタイトルにはいろいろ制約もあって若干の簡略化等も不可避なのですが、「女と男とLGBT」というのは決して《性別には「女」と「男」という(正しくも普通の)もの以外にも、ソレに(不幸にも)当てはまらない「LGBT」があるので、そういう人たちのことも考えてあげてください》…というような単純化した話を専らするという意味ではありません。

むしろ八幡市はそこはかとなく境界性が高い場所柄なので、ぜひ「境界から展望する性の多様性」のほうに、いろいろご当地ネタを仕込んでいきたいと思います(^^ゞ


◇◇

◇◇


三田市の中学校にて教職員研修 [出演・講演講師など]

2017年8月末某日、
兵庫県三田市の市立中学校にて、教職員研修の講師を務めました。

内容的にはつい3日ほど前の南あわじ市教育講演会の「追加講演」といったところでしょうか。
(というか三田は今週2度めですネ; それ以前にも何度かご縁がある土地であります)

「多様な性」をみんなの前提に
~LGBTの困難をつくらない学校のために~


まだまだ馴染みが薄い現実もある、性の多様性のテーマに、真摯に耳を傾けていただけました。


◇◇


南あわじ夏期教育講演会で講師を務めました [出演・講演講師など]

2017年8月27日(日)午後、
兵庫県南あわじ市で開かれた、2017南あわじ市教育講演会にて講演しました。
兵庫県民大学第40期教育講座という位置づけにもなっているようです。

「多様な性」をみんなの前提に
~LGBTの困難をつくらない学校のために~


会場は南あわじ市内、吉備国際大学地域創成農学部キャンパス。
市内の教職員の皆様らに多数ご参集いただき、性の多様性を学校でどのように位置づけるかについて、研修を深めていただけました。


 BL170830AwajiIsland-1.jpg

ちなみに同日の午前は三田での催しでの登壇だったため、同じ兵庫県内とはいえ、けっこうなエクストリーム移動(!?)となりましたが、なんとか無事にこなせました。
明石海峡大橋サマサマですね(^^ゞ


◇◇


寝屋川市の職員研修、今年もありました [出演・講演講師など]

大阪府寝屋川市も何度も訪れていますが、2016年2月に続き、今年2017年8下旬某日にも、職員の皆さん対象の合同研修会にて講師を務めました。

性の多様性を前提にしよう
 ~「LGBT」は普通にそこにいる~


市民が暮らす地域や家庭や学校、そして職場内にもいるであろう性的少数者を前提とした社会づくりの心得について、しっかり聞いていただけました。


◇◇


八尾市にて教職員研修、今年もありました [出演・講演講師など]

今までも何度か訪れている大阪府八尾市ですが、今年2017年も7下旬某日、とある小学校を会場に、そこに勤務する教職員や同じ校区の中学校の先生方へ向けての、夏期研修会講師を務めました。

みんな多様な性を生きている前提で
 ~LGBTの困難をつくらない学校のために~


タイトルも概ね最近の鉄板パターンのひとつを踏襲していますが、内容的にも従来からのポイントを漏らさないよう、多様な性を生きている児童生徒たちへの向き合いなど、学校現場に必要なツボを押さえつつ、性の多様性の基本的なところから社会的アプローチでの捉え方まで、最新バージョンでお話しさせていただきました。


◇◇


橿原市内の中高一貫校の人権学習講師を務めました [出演・講演講師など]

2017年7月26日(水)、
奈良県橿原市にある聖心学園中等教育学校にて、
生徒向け人権学習の講師を務めました。

中1から高2相当の学年の皆さんに、自身の中にもある多様な性のありようの広がりについて何かを掴んでもらえる機会のひとつとなるよう、限られた時間の中でできるだけ工夫して話をまとめました。


学校公式サイトブログでも紹介されています。

7月26日(水)
佐倉智美さんを講師にお迎えして「ジェンダーとLGBT」をテーマに人権教育講演会を行いました。ご自身の体験も踏まえ、多様な性を柔軟に受け入れ、ありのままのその人を認め合えることの大切さをお話しされ、これからの多様な社会について考える良い機会になりました。

……とのことで、橿原神宮の緑にもほど近い校地の落ち着いた趣の中高一貫校の、多面的な教育活動の一助になったようでなによりです。


◇◇


前の6件 | - 出演・講演講師など ブログトップ