So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「LGBT」「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

プチお知らせ/日々の小ネタ ブログトップ
前の6件 | -

池袋ポピュラーカルチュラル散歩 [プチお知らせ/日々の小ネタ]

池袋といえば東京では秋葉原と並ぶポピュラーカルチャーの聖地(!?)。
アニメグッズなどを扱うショップ「アニメイト」が本店を構える地でもあります。

そんな池袋、折角の機会なので、GID学会の第20回研究大会で東京を訪れたついでの2018年3月某日、少し散策してみました。

 BL180328IkeBk01.jpg


今年は3月の気温が高く開花が早いせいで公園ももう桜が満開ですね。

 BL180328IkeBk02.jpg


その公園のちょうど向かいには豊島区池袋保健所があります。

 BL180328IkeBk03.jpg


その1階には、このような情報・交流のためのオープンスペースも設けられているのですが……

 BL180328IkeBk04.jpg


じつはココ、知り合いが主宰している「LGBT(そうかもしれない人をふくむ)のための居場所・にじーず」の月1回開催されるオープンデーの会場でもあるんですね。

 BL180328IkeBk05_24zzz.PNG

 → にじーず公式サイトhttps://24zzz.jimdo.com/

 バラバラに、ともに。BLOG「LGBT系ユース向けの居場所、はじめます」http://endomameta.blog.jp/archives/52005334.html


性的少数者性を自覚する人たちの居場所を期した企画は、今日ではそれなりに各地にあり、例えばNPO法人SEANが主催する「まいまい楽座もそのひとつではありますが、この「にじーず」のように若者年代に専ら特化した趣旨でおこなわれるものも、やはりニーズは高いのではないでしょうか(関西ではQWRCが実施している「カラフル」がユース世代にフォーカスしています)


…ということもあってなのか、それともそうでなくてもなのかはわかりませんが、資料コーナーの書架には、いわゆるLGBT関連の図書がけっこう幅広く取り揃えられたりもしていました。

 BL180328IkeBk15.jpg


そうして、この池袋保健所のスグとなりがアニメイト

 BL180328IkeBk16.jpg


店内の様子は、2012年に移転リニューアルされた際の公式情報に詳しいです。



この日も、春休み期間でもあり若いアニメファンらで賑わっていました。

ちなみに前述の「にじーず」では、来たついでに隣のアニメイトに寄って帰る子や、アニメイトに行くことを口実に家を出てくる子もいるという話を、主宰する知り合いから聞いたのですが、はて本当のところ「LGBTの居場所」と「アニメショップ」の両方に行くべき動機を持つ人ってどれくらいいるのでしょうか?
体感的には「セクマイのアニオタ率」もしくは「アニオタのセクマイ率」って相応に高いと思われるのですが、一度しっかりした調査をしてみるとおもしろいかもしれませんね。


さて、そんなこんなで池袋駅の東側エリア(サンシャインビルなどもこっち側ですね)をひとめぐりしたので、地下道を突っ切って池袋駅西側にまわります。
余談ながら池袋駅の東口側に西武・西口側に東武があるのがややこしい……というのは古くて新しい「池袋あるある」でしょうか。

そして地下道をひとしきり歩いて至るのがマルイ

 BL180328IkeBk27.jpg


この少し以前に「ふともも展」や「百合展」の中止騒ぎで物議を醸し出した池袋マルイですが、そのロケーションは実際どのようなものなのでしょうか。

どうもこの店内案内を見る限りでは、「百貨店」と言うよりは、かなり「イオンモール」的なテイストに寄っていると思えます。

また7階のイベントスペースというのは、フロア構成的に特にポピュラーカルチャーに関心が高い層のみが意図的しか来ないような階にあり、イベント内容に親和性が低い人が誤って迷い込む可能性はすこぶる低いようにも思えました。

そうした状況も、やはりこのように現場へ来てみてフィールドワークをおこなうことではじめてわかるということはあるものです。

ともあれ、本来ならこの日はちょうど「百合展」がここで開かれている最中だったはず。
ちょっと残念ですがしょうがないですねー。

と、そこでふと見ると………

 BL180328IkeBk28.jpg


……百合展を中止した、その当のマルイの、当該期間中のセールのポスターがナゼか百合!?



いろいろ釈然としない思いも渦巻きましたが、しかしコレはこれで眼福(*^^*)
いいぞ、もっと百合れ


◇◇


迎春2018 [プチお知らせ/日々の小ネタ]

謹賀新年。
セカイのデファクトスタンダード・西暦で言うところの2018年、始まりました。

トシのせいか月日の経つ速さに置いて行かれ気味な昨今、はて2017年の新年ってついこの間な気もしないではないのに、もうまた新年!? という印象なのですが、ともあれ新しい年のスタートです。

皆さま、本年もどうぞよろしくお願いいたします。


 BL180103SH2018NY.JPG
※画像はイメージです


そしてすでに数年にわたって続いている「今年こそ新刊」の出す出す詐欺;
昨年末時点でも絶賛継続中という形になってしまってはおりますが、今のところ地道に少しずつではありますが原稿が進捗しております。
どうぞ気長にお待ちください。


そして、昨年とりあえず書籍になったワタクシ佐倉の書いたものと言えば、やはりコレ、ポプラ社刊『10代のためのYAブックガイド150! 2

 

いろいろな観点から選んだ本・5タイトルについて寄稿し、ワタシならではの紹介ができたかなと自負しています。
ぜひ手に取ってみてください。


◇◇


20年後の比叡山坂本にて [プチお知らせ/日々の小ネタ]

2017年の9月某日、ちょっと足を伸ばして滋賀県大津市の坂本まで出かけてみました。

歴史的には比叡山延暦寺の登り口として栄え、現在でも日吉大社をはじめとして由緒ある寺社が立ち並ぶ趣のあるところです。


 BL170930after20sakamoto01.jpg

 BL170930after20sakamoto02.jpg

京阪電車でアクセスするなら大津地区の路線響けユーフォニアム号が走ってたりした)の北の終点が坂本駅です。
(2018/03/20)
この京阪電車の「坂本」駅、2018年3月17日より「坂本比叡山口」駅に改称されています。

なお、JRの比叡山坂本駅からでも歩けます。


 BL170930after20sakamoto03.jpg

 BL170930after20sakamoto04.jpg

 BL170930after20sakamoto05.jpg

 BL170930after20sakamoto06.jpg

なかなかイイ感じです。


 BL170930after20sakamoto07.jpg

こちらは比叡山延暦寺へ続く石段です。
霊験あらたかなオーラが漂っています。
(現代ではケーブルカーも運行されているので、ここを歩いて上るというのはかなり伊達と酔狂でしょうが)


 BL170930after20sakamoto08.jpg

 BL170930after20sakamoto09.jpg

そして300余年という老舗「鶴喜そば」。
手打ち蕎麦と かやく御飯のセットが美味しいですゾ。
老舗だけに外観もなかなか「インスタ映え」する佇まいですね。


……で、なんで今般ここ坂本かというと、「ツッコミブログのほうの記事にて述べましたように、この2017年の9月は私が本格的な性別移行を始めてから20周年にあたるのですが、じつは当時、初めてのちょっとした遠出のプチ日帰り旅行をおこなったのが、たまたまこの坂本だったのです。

そこでせっかくのこの機会に、20年ぶりに再訪してみたというわけです。

ただ、さすがに20年たっていることもあって、そのときの記憶がイマイチ呼び出されませんねぇ。
実際、印象に残っているのは足が痛かったのと、ウィッグが暑かったこと………;

やっぱ当時は経験値も不足していて、女性としての外出自体が大変で、初めての遠出となるともぅ必死だったのかもしれません。

その点、今はもう女性としての姿での外出はあたりまえになりました。
経験値も20年分蓄積されています。
(ウィッグは最初の1年ほどで卒業しましたし、今では相応に足に合う履物も揃えてますし)

あまつさえ、この大津のほうって何度も講演講師の仕事で来たりもしています。

あぁ佐倉智美に歴史あり(^^ゞ

そんなこんなで、20年ぶりの坂本をあらためて味わう初秋の一日なのでした。

 BL170930after20sakamoto10.jpg


◇◇


淡路島もまた「境界」の島 [プチお知らせ/日々の小ネタ]

さて、前記事のとおり今般は淡路島まで赴いたわけですが、今年は我が娘・満咲が大学受験ということで、いわゆるいつもの夏の母娘男旅」は春に九州へ行ってありますので、実際の夏には何もないはずだったところ、ワタシ的にはソレに代わるプチ旅行感がありました。

 BL170830AwajiIsland-1.jpg


思えば淡路島にはいろいろ因縁もあって、その最たるものは中学を卒業して入学した実質的な「男子校」の新入生合宿の場所だったこと(それからいろいろあって1年後に共学校に再入学することになるわけですが; …『女が少年だったころ』参照)。

 


しかし、それももう遠い過去。
九州と同様に、淡路島もまた自分にとって新しいフェイズに入っていると感じられるのが、今回の旅でした。

淡路島自身も、今ではもう橋で本州とも四国ともつながってますしね。

 BL170830AwajiIsland-2.jpg


ちなみに最初の写真が本州へ向けて伸びる明石海峡大橋、2枚めが四国に臨む大鳴門橋なのですが、こうして見ると、淡路島はいちおう兵庫県ですが、本州ではない反面、四国とのつながりは強い。
兵庫県でも四国でも、どちらでもないようで、かつどちらでもある

そういう意味では、ここもまたきわめて境界性が強い場所なわけですね。


ともあれ、ご当地グルメ淡路島バーガーも美味しいです。
(このメニューは大鳴門橋のたもとの道の駅でのもの)

 BL170830AwajiIsland-3.jpg


甘くて重厚な淡路島玉葱のフライが効いているのですヨ。

 BL170830AwajiIsland-4.jpg


明石海峡大橋の直下の道の駅では「鱧たこ天丼」が、やはり淡路島玉葱が入った味噌汁も付いているうえに、明石らしい大きなタコ天がたっぷり載っていて非常にお買い得感あります。

 BL170830AwajiIsland-5.jpg


…タコ、大きいので食べるのに苦労するくらい;

 BL170830AwajiIsland-6.jpg


いゃ~、良きかな淡路島ノ


あと、北淡震災記念公園の野島断層保存館にも立ち寄って、1995年の阪神淡路大震災で実際に動いた断層の様子や、震災に耐えつつも大きな被害を受けた家屋を保存したメモリアルハウスの展示なども見学してきました。

 BL170830AwajiIsland-7.jpg

 BL170830AwajiIsland-8.jpg


 → 北淡震災記念公園(野島断層保存館)公式サイト


思えば1995年の阪神大震災というのは、私の男性時代の終わりの始まりを告げる象徴的な出来事でもあったわけで(『明るいトランスジェンダー生活』参照)、その意味でもまた「境界」に属する案件なのかもしれません。

………ソノ前に「断層」って、ソレも《境界》やん(^^;)ノ


 


◇◇


佐倉智美、さくらであい館へ行く [プチお知らせ/日々の小ネタ]

住所としては京都府八幡市にあたる御幸橋のたもと、桂川・宇治川・木津川の三大河川が合流し「淀川」となる地点に、2017年3月、淀川河川公園の付帯施設さくらであい館がオープンしました。

淀川河川公園情報交流誌「よしぶえ」の第89(2017春)号でも、大きく取り上げられています。

 BL170612CoN00yoshi89_1.PNG

 ※「よしぶえ」第89(2017春)号誌面より

◎「よしぶえ」は淀川河川公園公式サイトからダウンロードもできるようです
 → http://www2.kasen.or.jp/yoshibue/



桜並木の名所でもある「背割堤」の入口に位置することもあって、花見の時期と重なったオープン直後は大賑わいであったとも聞きますが、ロケーションとしては視界がひらけた風光明媚な場所なので、季節を問わず堪能できる施設なのではないでしょうか。

呼び物の展望塔も、(花見の時期など)繁忙期以外は無料ということでおトク感があります。


……というわけで、混雑も一段落したであろうと思われた2017年初夏某日、ワタクシ佐倉智美も、所用のついでにちょっとばかり立ち寄ってみました。


 BL170612CoN01.jpg

 BL170612CoN02.jpg

 BL170612CoN03.jpg

なかなかのステキな施設です。


 BL170612CoN04.jpg

元々サイクリングには好適なコースの途中に位置するということもあるのでしょうか。
スポーツ自転車用のラックも完備されていて、この日もサイクリング途中のロードバイカーが何人も立ち寄っておられました。

……きっと北宇治高校 女子自転車部みたいなマンガかラノベがあったらコノ場所って絶対に登場しますよね(*^^*)。


  

(スミマセン; 勝手に混ぜました >北宇治高校女子自転車部)


ただ、いわゆる「道の駅」ではないというのが建前で、トイレを含めて館内設備は開館時間内しか利用できないようなので注意が必要です。


 BL170612CoN05.jpg

あと「道の駅」ではないという建前のせいか、駐車場の収容台数も多いとは言えません。


 BL170612CoN06.jpg

展望台からは、南には石清水八幡宮の男山が望めます。


 BL170612CoN07.jpg

東には京滋バイパスが走っていて、宇治方面へと伸びています。


 BL170612CoN08.jpg

北西方向には、「天下分け目の戦い」で知られる天王山の山容も窺えます。


 BL170612CoN09.jpg

ちなみにこの「さくらであい館」があるあたり、三川が合流しひとつの川になる場所という意味でも「境界」であるほか、大阪府と京都府との府境付近に所在する点でも「境界」線上の存在だと言えます。
付近の市町村のと間での境界性においても、ある種の「要」に相当する位相にあるかもしれません

まさにここは、どこでもない場所の真ん中…… Center Of Nowhere

そういう「境界性」が高い場所。
とある境界線上のラグランジェ点。

………ということもあって、このあたり、じつは以前から好きな場所ではあるんですねぇ(^^ゞ


そんなこんなで、この「さくらであい館」。機会と都合が合う方は、ぜひ一度 訪れてみられてはいかがでしょうか。


◇◇


九州旅行の新フェイズ「夏の母娘男旅2017」はまたも受験で春実施 [プチお知らせ/日々の小ネタ]

さて、今年度は伊豆方面へ出かけました毎年恒例、佐倉智美・佐倉満咲の親子が行く「夏の母娘男旅シリーズ。
来年度は、満咲が大学受験の年に当たっていて夏は慌ただしいでしょう。
高校受験の年の前例に鑑みると、春に実施が妥当なところとなります。

そこで、いろいろ検討した結果、2017年3月某日、行ってまいりましたノ

……「夏の旅行」が春実施;
それどころか2017年度分なのに日程は2016年度中かよ…、というツッコミはナシで(^^ゞ

そして行き先は――。

満咲本人曰く「九州へ行って太宰府天満宮にお参りしたい」。

なるほど、それなら「学問の神様」からご利益を授かるとともに、九州北部の歴史の痕跡に触れる旅にもなりえます。
受験生としては殊勝な心がけです。

近年は「男旅」がすっかり「オタク旅」になっているなどという批判もあり(…どこから!?w)ましたが、これならむしろ非常に王道の観光旅行だとも言えるでしょう。


 BL170330Kyushu01.jpg

というわけで、山陽新幹線、西へ。
まずは博多駅へ向かいます。
ちなみに九州へ行きたいなら「JR《福岡》駅」は決してめざしてはいけません……………と思ったけど、北陸新幹線開業にともなって第3セクター化されたためにあの「福岡駅」はもうJRじゃないのか;


 BL170330Kyushu02.jpg

博多駅に到着すると、まず印象に残ったのが独特のネーミングセンスの商品の広告。
剥かなくてよい蜜柑だから「むかん」て;
……好きやワ、このセンス(^o^;)ノ
(ちなみにワタシとしては2011年2月以来の博多駅周辺来訪になりますね)


 BL170330Kyushu03.jpg

到着後の腹ごしらえは牧のうどん
出汁を足すことで麺が膨れてお腹いっぱいになれる、なかなかの高コスパ


 BL170330Kyushu04.jpg

博多駅前バスターミナルビルのトイレ、男女別トイレの手前にバリアフリートイレ2ブースがある構成です。


 BL170330Kyushu05.jpg

福岡市内の歩道には志賀島で発見されたあの(日本史の教科書にも載っている)「金印」モチーフのオブジェも。


 BL170330Kyushu06.jpg

昨年の「陥没」現場。
いちおうは修復されていますが、歩道と車道を区切る柵が仮設なあたりがいまだ生々しさを醸し出しているのかも。
受験生的には、ここの「落ちないセブンイレブン」も重要スポットですネ(^^)。


 BL170330Kyushu07.jpg

 BL170330Kyushu08.jpg

その他、博多の市街をひとまわりすると、櫛田神社赤煉瓦館、あるいはキャナルシティなどをはじめ、いろんな観光スポットがクリアできます。屋台の味も楽しみたいところ。
「天神」の地名の由来でもある水鏡天満宮は、やはり菅原道真ゆかりの神社ですゾ。


 BL170330Kyushu09.jpg

 BL170330Kyushu10.jpg

そうしていよいよ太宰府。
バス、電車ともに西鉄が特別デザインの車両を運行しています。


 BL170330Kyushu11.jpg

天満宮の参道。賑わってます。

 太宰府天満宮公式サイト


 BL170330Kyushu12.jpg

名物・梅が枝餅なども賞味しておくべし。


 BL170330Kyushu13.jpg

そして参詣。
あと、ここまで来たからには境内から専用のエスカレーターでアクセスして国立九州博物館も見学しておくのが外せないでしょう。

 国立九州博物館公式サイト


 BL170330Kyushu14.jpg

さて、所期の目的は達成したとはいえ、せっかくここまで来たので、もう少し足を伸ばしてみましょう。


 BL170330Kyushu15.jpg

まずは大刀洗
旧駅舎を活用した、この「レトロステーション」は懐かしの昭和レトログッズなどが多数でしたが、元々は私設の平和記念館だった名残りも多々見受けられるところです。


 BL170330Kyushu16.jpg

そして現在では道路を挟んだ向かい側に公設の平和記念館があり、本物のゼロ戦などが展示されています。
戦時中、この周辺に陸軍の飛行場などの軍事施設があり、いわゆる特攻隊の出撃を見送った場所でもあることに由来しています。
ゼロ戦以外は写真撮影不可なので上手く言えないのですがB29の実際の大きさを模したオブジェが展示されているのは空襲の怖さを実感するのに有用でした。

 大刀洗平和記念館公式サイト


 BL170330Kyushu17.jpg

さてさて、続きましては、西のほうにも足を伸ばして佐賀県域、唐津にも訪れてみることにしました。


 BL170330Kyushu18.jpg

鏡山温泉茶屋[美人の湯]にて温泉につかった後は…


 BL170330Kyushu19.jpg

食事処でカツ丼堪能。


 BL170330Kyushu20.jpg

………やっぱり「オタク旅」なんじゃねーかぃ!! (^^ゞ
アニメ『ユーリ!!! on ICEでの主人公・勝生勇利の故郷・長谷津のモデルが唐津で、この温泉茶屋は勇利の実家「ゆーとぴあ かつき」という設定の場所。 → アニメ『ユーリ!!! on ICE』公式サイト
※許可を得て撮影しています


 BL170330Kyushu21E3.jpg

唐津駅も聖地巡礼者を迎える態勢が万全です。
駅にある観光案内所も激プッシュしているばかりか、アンケートに答えると特製聖地巡礼マップももらえます。
てかもぅ唐津市だけではなく佐賀が乗り出してコラボ展開してるわけですね。


 BL170330Kyushu22.jpg

いわゆるエキナカ店舗でもコラボ展開中で、グッズも売ってました。


 BL170330Kyushu23.jpg

というように『ユーリ!!! on ICE』の経済効果はすざまじく、唐津神社には痛絵馬がいっぱい;


 BL170330Kyushu24.jpg

こちらは京町商店街(作中の久町商店街)。
アーケード街と交差する道のほうも良い趣の町並みでした。


 BL170330Kyushu25.jpg

唐津くんちの曳山が有名な唐津を、かくしてアニメがきっかけで訪れることになったのもまた一興。


そんな、この2017年春先の「夏の母娘男旅」。

今回、九州を巡って思ったのは、自分にとっての九州旅行は、2013年の「タイムマシンでやってきた18年後さえ超克して、もはやまったく新しいフェイズに入ったのだなぁということ。

娘・満咲の成人も視野に入ってきた今日このごろですが、そうやって人生は続いていくのでした。


今般の旅行に関連してツイッターで補遺した内容をツッコミブログのほうにもまとめました。
あわせて御覧くださいノ(2017/05/01)
 → 唐津聖地巡礼余話:男女二分社会の闇はまだまだ深い!?


◇◇


前の6件 | - プチお知らせ/日々の小ネタ ブログトップ