So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

佐倉智美プロフィール ブログトップ

§佐倉智美 公式プロフィール§ [佐倉智美プロフィール]

講演会案内等への掲載のために参照される場合、適宜かいつまんでご使用ください


+++++++++++++++++

1964年、関西に生まれる。幼いころより自分の「男」という性別に違和感を覚える。

大阪府立の高校をへて、関西の私立大学・文学部社会学科を卒業。その後、高校の社会科講師、塾講師などを務めつつ、社会における性別役割分業・性差別、そして性別そのものへの疑問をつのらせる。

1997年、自らの「性同一性障害」を確信。自分らしく生きることを求め、社会的・文化的性別を「女」へと転換。インターネット上にwebサイトを開設し、また執筆・講演活動などを通じて、積極的に情報発信中。

著書に『性同一性障害の社会学』(現代書館 2006)、『明るいトランスジェンダー生活』(トランスビュー 2004)、『女子高生になれなかった少年』(青弓社 2003)、『女が少年だったころ』(作品社 2002)、『性同一性障害はオモシロイ』(現代書館1999)。
共著では『性を再考する』にて「トランスジェンダーから見た性別二元制」(青弓社 2003)、『社会学事典』(丸善 2010)で「性同一性障害」の項を執筆、『ジェンダー・スタディーズ』(大阪大学出版会 2015)にて第7章「『性別』は『女と男』ではない」など。
小説も『M教師学園』(作品社 2009)のほか、『1999年の子どもたち』を電子出版(Amazon Kindle Direct Publishing 2013)。

講演・講義は、三重大学「性の多様性概論」(平成14年度)をはじめ、各種市民セミナー、学校教職員・自治体職員の研修など多数。
性的少数者にかかわるテーマを男女共同参画や人権の視点から体験を交えて語る口調がユーモアとウィットに富むことでは定評がある。
日本女性会議2003大津での分科会、日本教育社会学会第62回大会(2010年)や第59回日本小児保健協会学術集会(2012年)の公開シンポジウム等々で、パネリストとしての登壇・報告も。

一方でアニメなどのポピュラーカルチャーにも造詣が深く、最新のアニメや特撮作品についてのジェンダーやセクシュアリティの観点を切り口とした感想・論評が、随時ツイッターやブログで述べられている。

2005年3月、大阪大学大学院人間科学研究科・博士前期課程修了(修士号取得)。
その後、研究室付事務補佐も務めた。

2004年よりNPO法人「SEAN」理事。

2013年度より甲南大学非常勤講師。

所属学会は関西社会学会、およびGID学会。


+++++++++++++++++


◎肩書きが必要な場合は、

「 ジェンダー&セクシュアリティ ライター 」でお願いします
もしくは「作家」とか


 →それではわかりにくいという場合は
  「 『性同一性障害の社会学』等 著者 」等でもよいです

 →何か組織的なバックがニュアンスとしてあるほうが望ましいなら
  「 甲南大学非常勤講師 」および
  「 NPO法人SEAN理事 」にしてもらってもよいです

   ※[SEAN]→読みは「シーン」です


(Ver.2015/04/01)


佐倉智美のセクシュアリティ [佐倉智美プロフィール]

それでは、ここでは私、佐倉智美の総合的セクシュアリティの全体像について、赤裸々に!? 語ってみましょう。

まぁカンタンに言えば、MtFトランスジェンダーで、性同一性障害の診断も受けています。

…が、という説明の言い回しの理解も含めて、まずはその前に、いわゆる「セクシュアリティとは?」とか「セクシュアリティの多様性」についての基本は、先に押さえておいてくださ~い(^o^)丿

 参考1→セクシュアルマイノリティの基礎知識

 参考2→「性別」とセクシュアリティの多様性

ではまず【身体を基準に付与される性別】――。

これは一般的な通念に合わせて言えば「男」ということになります。
性同一性障害の診断の際の遺伝子検査でも、まったくの46XY型で出ました。
同時におこなったホルモン療法などしない状態の血液検査でも、ホルモンバランスは男性の規定値に収まってました(挙句、医師から「コレステロールと中性脂肪に気をつけましょう」とか(ーー;)、この点では、清く正しい40代男性の道を邁進しちゃってますナ)。

したがって出生時にも、そういう身体を基準に「性別」が付与された結果、目下のところ戸籍上も男性として記載されているのです。

ちなみに2008年からホルモンは若干量を投与、2010年度には熟考の結果 性別適合手術(俗に言う性転換手術)も受けましたが、自分の希望としては、社会的に女性として生活するほうが優先順位が高かったため、身体改造はそんな時期まで後回しになり続けていたという次第です。
※そういう意味では、身体改造はあくまでも自分の身体的満足に主眼がある“美容整形”の文脈に位置していて、自分的には、ソレが自らの性別変更の核心というわけではなかったですネ
むしろ、後述のとおり社会生活の性別を移行した1997~1999年あたりのほうが、人生のターニングポイントとして大きく感じられます

で、手術も済んだということは、現行法では、あとは子どもが成人した時点で、配偶者ともペーパー離婚すれば、いわゆる戸籍の性別変更も可能なのですが、はたしてその時点でどういう判断になるかは未定です。


次に【本人の意思に基づく性別】――。

こっちが一般的な通念に合わせて言ったときに「女」となります。

むろん元々は「男」として生活していましたが、1997年ごろより特訓(!?)を開始。
1999年から、原則すべての社会生活を「女」として営んでいます。

ただあくまでも一般的通念に合わせて言えば「女」…なわけで、つまり世間が男女を隔てる基準に従うと、「女」のほうに分類されるかなぁという感じ。
あるいは、「男」か「女」か、2つのうちのどちらかにどうしても入らないといけないのだとしたら、「女」のほうに入るのがイイよネ、ということです。

なんですか??
「心の性別は女です!」と言い切ってもらったほうがわかりやすい…ですか?
でも、色も形もない“心”の、どこがどうなっていたら、それを「男」とか「女」とか言えるのでしょう!?
しょせん「心の性別」っつーのは、便宜上のとらまえ方にすぎないわけです。

だから私は「私」。
気が向いたらどこにでも行くし、したいことは何でもします。
そのすべてがステレオタイプに「女らしい」かどうかの保証はありません(^o^;)


最後に【恋愛対象にかかわる性別】などヲ――。

これもあえて世間基準で単純化して、「男」か「女」か、で答えるなら、答えは「女」です。

現在でも女友達との“イケメン談義”にはついていけません(^^ゞ
それよか、女性アイドルに対する“萌え”についての議論のほうが実感がわくというものです。

過去の実績としても、恋愛対象はみんな女の子でしたねー(*^。^*)
友達になりたい相手も全部女の子だったし。
     
  えっ、ソレは「恋愛」じゃナイ?
  でもじつは“友情と愛情の境目なんてあるのか??”というテーマも
  非常に深いんですヨ♪ 深すぎてここでは掘り下げられませんが


「じゃあ恋愛や性的欲求に関しては男性と同じなんですね☆」
――ただ、そのように短絡なさるのは早計というものです。

たしかに結婚してて子どももいるとゆーことは、男性としてのナニがデキたということではあります。
しかし、アレは、やはりかつては男性としての性行為というのはこういうものだという常識にしばられていたために、こうするしかないと思い込んでいた……という側面も大であって、例えば理想の性行為をもっと自由に思い描けるなら、またちがった形も成り立ちうるのです。

あと、現行の性別二分的、かつ異性愛主義的な社会の下では、男として女が好き、と、女として女が好き、では、結果的にちょっと異なるものになるのも必定でしょう。

さらにはそもそも、恋愛対象は女……と言うときの「女」とは、ソレはどーゆー「女」なのでしょう!?
「セクシュアリティの多様性」と言うのなら、「男」とか「女」とか単純に語れないのは、自分と同様に相手にもあてはまることではありまセンか!

そう考えると、これは非常にややこしい話です。
とにかくセクシュアリティについては語れば語るほど、ワケがわからなくなるものですが、それはそーゆーものなので、それでOKなのでしょう。

誰とどんな恋愛~性行為をして幸せを感じるか、という観点から、仮に2者での性行為をいろいろシミュレーションしても、セクシュアルファンタジーは、たいてい入り組んできます。

自分は受けがイイのか、それとも攻めなのか?
自分の(および相手の)アイテムは、凸が好適なのか、あるいは凹か?

比較的単純化しやすい要素だけでも、いろいろ考えられますね。
(あとこのデンだと、S or M とか、上 or 下 ……!?)

しかも、そうした理想の性行為像に対して、例えば自分や相手の身体的特徴がちょうどよくソレに適ったものになっているとも限りません。

とにかく自分の側の理想と現実、相手のほうの理想と現実。
これらの折り合うところに“実際”があるわけなのです。

だから事情は、とってもフクザツなんですヨ、誰にとっても、本当は。


え?
で、…私ですか??

ぃや、そんなわけなので、あくまでもファンタジーとしての理想を言わしていただくなら、次のようなところでしょうか。

――オチンチンのあるカワイイ女の子がイイなぁ(*^。^*)

(激謎っ(^o^;))


(Ver.2011/03/03)

 


佐倉智美の謎にせまる 21連発!(一般的自己紹介) [佐倉智美プロフィール]

はじめまして、当 “研究所長”の佐倉智美です。
“研究所”の所長になるのは『マジンガーZ』を見ていた頃以来の夢でした(!?)
それでは、まず一般的な自己紹介からさせていただきます。題して…
   》》佐倉智美の謎にせまる 21連発!《《


謎01
名前の由来。智美は「ともみ」と読む。なんとなくかわいいので、直感的に付けた。
佐倉は少年チャンピオンにかつて連載されてたまんが『京四郎』の主人公・佐倉京四郎からとったとゆーのは、今や知る人ぞ知る事実か。
  →特別エッセイ「少年チャンピオンと私」(1998)もどうぞ!
時系列的に考えて某魔法少女とは無関係なので、ソノ筋の誤解は、そんなのアタシが許さない(笑)。
残念ながら声優・佐倉綾音さんとも親戚でもなんでもありません(^^ゞ。
ちなみに「さくらともみ」が、ちびまる子ちゃんのおじいちゃん「さくらともぞう」と酷似していることには、かつてずいぶん長い間にわたって気付かずという過去も;

謎02
年齢は1964年生まれなので…(^o^?)。
最近は故意に[19]を略して昭和64年生まれに誤解されるのを狙ってる!?

謎03
血液型はA型。しかし(!?)けっこうおおざっぱなところもある。

謎04
星座は13星座(←コレも一時期流行って廃れたなぁ…)で双子座。
そのため(!?)、几帳面にして面倒くさがり、寂しがり屋にして孤独を愛する……など、見事に二重人格

謎05
居住地は大阪府北郊の某市。
ただし日常の主たる行動半径は京都府南部域と半々くらい。
そうした「境界性」が捨象されてしまわないように、他地方の人から尋ねられた際などには「関西」と言い回している。
(こうした要素をはじめ、何らかの分類のどちら側かにスッキリ分類されないことが多いので、そのあたりを総合して「【 とある境界線上のラグランジェ点 】が居場所です」などと嘯いてます(^o^;))

謎06
関西人としてのモロモロの特徴は……顕著(^o^;)
ボケたらツッコミますから!
(逆にネタ振ってるのにほったらかしはイヤよ~)
あと、夕食のおかずにタコ焼きやお好み焼き…はフツー

謎07
配偶者アリ。
1999年7月、空から恐怖の大王降臨……ぢゃなくて子孫(いわゆる娘)も誕生
娘の活躍(?)は随時公開中?
名前は「ミサキ」――という設定(^^ゞ
漢字は[美咲]ではあまりにもフツーなので【 満咲 】
佐倉満咲で「桜が満開」とゆーことで(^o^)丿

謎08
得意料理としてグラタンなどがある。しかし最近は手ヌキのためしていない。
なお嫌いな食品はグリンピース。これは最悪!
 ◎あと「嫌い」とはちょっと異なるものの、
  牡蠣は昔アタって以来、避けるようにしています
  食事の機会にはご留意いただけると幸いです

謎09
高校は大阪府立“岩船高校”を卒業。文化祭のクラスの劇で主演したりする

謎10
大学は関西の私立大学“六麓大学”社会学科を卒業。
マスコミや流行論などを専攻したため、当時はやっていた「おニャン子クラブ」にはまる。
また当時、映画のサークルに入り8ミリカメラをまわしたりもしていた。

なお2005年3月、大阪大学大学院人間科学研究科修了(修士号取得・社会学専攻)のため、最終学歴はいちおうそちら。


謎11
職業は、経歴としては高校の社会科の非常勤講師、塾講師などが挙げられる。

現在は「ジェンダー&セクシュアリティ ライター」を標榜し、執筆や講演活動にいそしむ……というのが建前ですが、他人がそう聞いて思い浮かべるほどには儲かってないので……(T_T)
 
執筆および講演依頼、随時受付中!
作品の映像化等のご相談も歓迎!!


謎12
酒は少々。その気になればそこそこ強いはず;
ただし最近の呑み会では、行き帰りの便宜を優先してパーク&ライドでクルマの運転があることがほとんどなので、ソフトドリンクで通してることが多い。
なので遠征先で宿泊確定などの場合には、珍しく生中のジョッキをおかわりしたりする姿を見せて驚かれることも(^^;)

謎13
たばこは20歳で禁煙して以来(!?)吸わない。
現在嫌煙度上昇中。吸いたい人は締め切った部屋でこっそり吸ってくれ!

謎14
愛車は国産某社の軽RV。大きいクルマは嫌い(^^;)
(10年超で税金は高くなったけど、後述のパソコン買い替え予算もつかない中では、まだまだ乗るよノ)
GPSやETC装着済み、コレで遠征講演にもGo!
例年の夏休みに娘と行くプライベートの旅行にも大活躍。さしずめ「母娘男旅」状態(^o^;)丿 ※ただし「母娘二代鉄子」として鉄道旅行で鉄ちゃん魂を発揮する年もある

謎15
携帯電話はガラケーとスマホの2台持ち。
じつはコレがいちばん安上がり(^^ゞ
ガラケーは従来からの番号を某大手キャリアとの最低料金での契約で維持。通話やSMS送受信は、やはりガラケーの使い勝手に軍配(^^)ノ
スマートフォンは Android端末に格安sim を挿して運用。gmail や LINE、ツイッターのほか、手帳機能や電子書籍、その他情報端末として各種アプリ活用中。もちろんカメラや、あと「おサイフケータイ」機能も外せない(モバイルSuica 、WAON、nanaco 、Edy 、QUICPay、iDのほか、マクドのかざすクーポンに、TカードとDポイントカードも仕込むなどヘビーユース)ので端末はあえて docomo機種から調達。


謎16
デジタルオーディオは、やはりSONYのウォークマン。
中学以来カセットテープに録り貯めてきた楽曲をデジタル化したものから、近年のCDから直接パソコンに取り込んだものまで、持っている曲すべてを収容し、年代別・季節別のプレイリストに整理。
色はあざとくピンク(^o^;)!

ちなみにiPhoneやiPodといったApple製品はなんとなく嫌い。
売れてるから・みんながイイと言うからとゆーのもあるけど、それも含めて、その良さ・正しさへの文句のつけ難い風潮が同調圧力として規範化しがちな雰囲気になってしまっているのがヤなのではないかなというのが仮説。


謎17
パソコンは、ネットでカスタマイズするセミオーダー機がメインマシン。
Core2 Duo にメモリ2G搭載というスペックは、もはやかなり厳しいものの、買い替え予算が……(T_T)
(メインマシンだけに相応の予算をかけないといけないので、なかなか予算化できない)
とはいえ買い換える際も、やはり筐体を開けて中をいじれる「デスクトップ」タイプがいいなぁ;

またモバイル用に導入し、講演先でのパワーポイント映示や宿泊時のインターネットチェックに活躍していた、同じメーカーのミニノートはスペック的な限界が到来して引退。
代わって中華系メーカーのモバイルノートを新調。これでプロジェクターへの出力にHDMI端子も装備されたし、キーボード部分を分離してタブレットのスタイルでの使用もできるように。
……てかモバイル用途に選んだお手軽モデルとはいえ、最新CPUに2Gメモリなので、もしや上記のメインマシン並みの性能なのでは (;゚Д゚))!?


謎18
ラジオは FM802派だったが、最近は FM COCOLOを選局することも増えている。
テレビは、報道・教養番組を適宜チェックする傍ら、最近はもっぱらアニメ・特撮。じつはというかやっぱり元々若い頃からオタク体質(^o^;)
実写ドラマは(たまに掘り出し物があるものの)基本的にジェンダー的にアウトな作品が多い気がして避けがち。
スポーツ番組への関心も低止まり中。プロ野球はもう特にパリーグとか球団名がわけわからない;

謎19
もしもタイムマシンがあったら――。
あの1970年の大阪万博を大人の視点で見に行きたい。
社会学をたしなむ者なら(!?)断然コレです!

謎20
ではタイムマシン以外でドラえもんの道具をひとつ入手できるとしたら?
どこでもドア!
…ではあまりにもフツーなので、ここはひとつコアーに「トッカエ・バー」で。
(コミックス8巻・ぼく、マリちゃんだよ に登場)
理由は……セクシュアリティにかかわることなので(*^。^*)
ちなみに社会学に携わる者なら「もしもボックス」を希望するべきかナ
(社会調査がすげーラクになる!!)

謎21
では今 現実に欲しいモノは――。
最新型ウォシュレット?? あるいは電動アシスト自転車(エコで健康的な近場の移動に!(^^))?
いゃ、ソレよりここは女の子らしく(!?) かわいい服とか、クールなアクセサリーとか、おしゃれな雑貨の類を言うべきでは??
でもやっぱり本当に欲しいものは、おカネでは買えないものかもしれない。


(Ver.2017/11/18)


佐倉智美プロフィール ブログトップ