So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

コメントとトラックバック [【必読】注意事項]


◎佐倉ジェンダー研究所web新館( stream-tomorine3908.blog.so-net.ne.jp )
  (ブログ「ジェンダーあるある研究ノート」)

コメントやトラックバックは、その記事に何らかの関連のあるものをお願いします。
投稿・送信後、当方によるチェックを経てから公開される仕様とさせていただいております。
当方の判断により、万一不適切なものと解釈された場合は、公開せずに削除される場合もありえますので、その際はあしからずご了承ください。
特にトラックバックは、一定の内容を伴ったサイトからの、一定の関連性が高いと判断できる記事へのもののみの採用といたします。下記のようなトラックバックは不適切なものとして取り扱います。
  △誰が何の目的で運営しているのか不明なサイトからのもの
  △明らかにアフィリエイトが主体のもの
  △有益なサイトからなのだが、当方の記事と関連していないもの
逆に、こちらで不適切だと判断しない限りは、原則として削除いたしません。特にコメント投稿前には、内容をいまいちど推敲してください。

コメントの際の「名前」は、戸籍上の本名等である必要はありませんが、ハンドルネームは「ネーム」すなわち名前として妥当なものをご使用ください。
「通りすがり」などは、本文の内容にかかわらず不適切とみなします。
「~~の会」のようなものもご遠慮ください

コメントには、個別のレスポンスはしないことを原則とさせていただいております。
(まことに申し訳ないですが、当方の時間的リソースが限られているため、基本的に公開作業のみで、後は「ほったらかし」になります。ボケてもツッコミませんので(^^ゞ)
したがいまして、佐倉智美個人に直接回答を求めるようなご質問・ご意見はメールをご利用くださるようお願いいたします。

◎佐倉ジェンダー研究所web管理棟( est-tomorine3908.blog.so-net.ne.jp )
  (ブログ「今日も明日も花ざかり」)

コメントもトラックバックも受け付けない設定とさせていただいております。
ご了承ください。
なお一部記事について試験的に受け付けている場合は、上記の「新館」の基準を準用するものとします。

◎佐倉ジェンダー研究所web別館( wonwor-tomorine3908.blog.so-net.ne.jp )
  (「佐倉式ジェンダーセクシュアリティ用語辞典」)

現在のところコメントやトラックバックの取り扱いについては検討中です。
あしからずご了承ください。

※なお、佐倉ジェンダー研究所web本館( tomorine3908.my.coocan.jp )は、旧来型“ホームページ”ですので、コメントやトラックバック等の機能はございません。

(Ver.2016/07/17)