So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

20年後の比叡山坂本にて [プチお知らせ/日々の小ネタ]

2017年の9月某日、ちょっと足を伸ばして滋賀県大津市の坂本まで出かけてみました。

歴史的には比叡山延暦寺の登り口として栄え、現在でも日吉大社をはじめとして由緒ある寺社が立ち並ぶ趣のあるところです。


 BL170930after20sakamoto01.jpg

 BL170930after20sakamoto02.jpg

京阪電車でアクセスするなら大津地区の路線響けユーフォニアム号が走ってたりした)の北の終点が坂本駅です。
なお、JRの比叡山坂本駅からでも歩けます。


 BL170930after20sakamoto03.jpg

 BL170930after20sakamoto04.jpg

 BL170930after20sakamoto05.jpg

 BL170930after20sakamoto06.jpg

なかなかイイ感じです。


 BL170930after20sakamoto07.jpg

こちらは比叡山延暦寺へ続く石段です。
霊験あらたかなオーラが漂っています。
(現代ではケーブルカーも運行されているので、ここを歩いて上るというのはかなり伊達と酔狂でしょうが)


 BL170930after20sakamoto08.jpg

 BL170930after20sakamoto09.jpg

そして300余年という老舗「鶴喜そば」。
手打ち蕎麦と かやく御飯のセットが美味しいですゾ。
老舗だけに外観もなかなか「インスタ映え」する佇まいですね。


……で、なんで今般ここ坂本かというと、「ツッコミブログのほうの記事にて述べましたように、この2017年の9月は私が本格的な性別移行を始めてから20周年にあたるのですが、じつは当時、初めてのちょっとした遠出のプチ日帰り旅行をおこなったのが、たまたまこの坂本だったのです。

そこでせっかくのこの機会に、20年ぶりに再訪してみたというわけです。

ただ、さすがに20年たっていることもあって、そのときの記憶がイマイチ呼び出されませんねぇ。
実際、印象に残っているのは足が痛かったのと、ウィッグが暑かったこと………;

やっぱ当時は経験値も不足していて、女性としての外出自体が大変で、初めての遠出となるともぅ必死だったのかもしれません。

その点、今はもう女性としての姿での外出はあたりまえになりました。
経験値も20年分蓄積されています。
(ウィッグは最初の1年ほどで卒業しましたし、今では相応に足に合う履物も揃えてますし)

あまつさえ、この大津のほうって何度も講演講師の仕事で来たりもしています。

あぁ佐倉智美に歴史あり(^^ゞ

そんなこんなで、20年ぶりの坂本をあらためて味わう初秋の一日なのでした。

 BL170930after20sakamoto10.jpg


◇◇


八幡市にて性の多様性について講演します [出演・講演講師など]

来たる2017年10月5日(木)午後、
京都府八幡市にて男女共同参画社会啓発講座の講師をいたします。

女と男とLGBT
~境界から展望する性の多様性~


ご都合が合う方はどうぞお越しくださいノ

詳細・申し込みは八幡市公式サイトの当該案内ページから
 http://www.city.yawata.kyoto.jp/0000003526.html


 §以下↓公式情報から↓転載§

平成29年度 男女共同参画社会 啓発講座
女と男とLGBT ~境界から展望する性の多様性~

LGBTという言葉をご存知でしょうか。人それぞれに個性があるのと同様、「性」についても単純に「男・女」という枠には収まりません。
まだまだ正しい理解がされていない性的マイノリティについて、多様性を認めあえる社会について、一緒に考えてみませんか。

日時
10月5日(木曜日)午後1時30分から3時(開場午後1時)
場所
八幡人権・交流センター 会議室
講師
佐倉智美さん(ジェンダー&セクシュアリティライター)
定員
30名(入場無料 *事前申込み必要)
申込み締め切り
9月28日(木曜日)*定員になりしだい締め切ります。
保育(1歳から就学前児)をご希望の方は必ず申込時にお申込みください。
申込方法
八幡人権・交流センター
電話または窓口でお申込みください。


 §以上↑公式情報から↑転載§


なお、講座のタイトルにはいろいろ制約もあって若干の簡略化等も不可避なのですが、「女と男とLGBT」というのは決して《性別には「女」と「男」という(正しくも普通の)もの以外にも、ソレに(不幸にも)当てはまらない「LGBT」があるので、そういう人たちのことも考えてあげてください》…というような単純化した話を専らするという意味ではありません。

むしろ八幡市はそこはかとなく境界性が高い場所柄なので、ぜひ「境界から展望する性の多様性」のほうに、いろいろご当地ネタを仕込んでいきたいと思います(^^ゞ


◇◇

(2017/10/08)
盛況のうちに無事終了いたしました。
熱心なご聴講ありがとうございました。

なお「ご当地ネタ」としては、講座タイトルの回収も兼ねて

「普通の男女」をあくまでも正常なものとして置き、そうでないかわいそうなLGBTのことも理解してあげましょう……では(「変態」だと一蹴されていた段階からは一歩前進だとはいえ)もったいない。誰の性も単純な決めつけには収まらない多様なものであって、すべての人ひとりひとりが性の多様性の当事者なんだというアプローチをしないのは、例えて言えば、石清水八幡宮に参詣しようやってきたのに麓だけ見て山に登らず帰る仁和寺の法師のようなもの……という徒然草ネタ

と、

おトクなクーポンが配信される会員サイトに登録しようとして住所の選択肢を八幡市だからと「京都府」を選んだら最後、京都府内の施設しか紹介されなくなって、よく行く近所のくずはモールで使えない……みたいな、境界線付近の住人にとってはもやもやする事象、住所選択ならかようにあるけど、同じことって「性別」でもありませんか? という「境界」にかかわるやつ

……などを挟んでみました。
概ね好評だった(!?)と思います(^^ゞ


◇◇


三田市の中学校にて教職員研修 [出演・講演講師など]

2017年8月末某日、
兵庫県三田市の市立中学校にて、教職員研修の講師を務めました。

内容的にはつい3日ほど前の南あわじ市教育講演会の「追加講演」といったところでしょうか。
(というか三田は今週2度めですネ; それ以前にも何度かご縁がある土地であります)

「多様な性」をみんなの前提に
~LGBTの困難をつくらない学校のために~


まだまだ馴染みが薄い現実もある、性の多様性のテーマに、真摯に耳を傾けていただけました。


◇◇


淡路島もまた「境界」の島 [プチお知らせ/日々の小ネタ]

さて、前記事のとおり今般は淡路島まで赴いたわけですが、今年は我が娘・満咲が大学受験ということで、いわゆるいつもの夏の母娘男旅」は春に九州へ行ってありますので、実際の夏には何もないはずだったところ、ワタシ的にはソレに代わるプチ旅行感がありました。

 BL170830AwajiIsland-1.jpg


思えば淡路島にはいろいろ因縁もあって、その最たるものは中学を卒業して入学した実質的な「男子校」の新入生合宿の場所だったこと(それからいろいろあって1年後に共学校に再入学することになるわけですが; …『女が少年だったころ』参照)。

 


しかし、それももう遠い過去。
九州と同様に、淡路島もまた自分にとって新しいフェイズに入っていると感じられるのが、今回の旅でした。

淡路島自身も、今ではもう橋で本州とも四国ともつながってますしね。

 BL170830AwajiIsland-2.jpg


ちなみに最初の写真が本州へ向けて伸びる明石海峡大橋、2枚めが四国に臨む大鳴門橋なのですが、こうして見ると、淡路島はいちおう兵庫県ですが、本州ではない反面、四国とのつながりは強い。
兵庫県でも四国でも、どちらでもないようで、かつどちらでもある

そういう意味では、ここもまたきわめて境界性が強い場所なわけですね。


ともあれ、ご当地グルメ淡路島バーガーも美味しいです。
(このメニューは大鳴門橋のたもとの道の駅でのもの)

 BL170830AwajiIsland-3.jpg


甘くて重厚な淡路島玉葱のフライが効いているのですヨ。

 BL170830AwajiIsland-4.jpg


明石海峡大橋の直下の道の駅では「鱧たこ天丼」が、やはり淡路島玉葱が入った味噌汁も付いているうえに、明石らしい大きなタコ天がたっぷり載っていて非常にお買い得感あります。

 BL170830AwajiIsland-5.jpg


…タコ、大きいので食べるのに苦労するくらい;

 BL170830AwajiIsland-6.jpg


いゃ~、良きかな淡路島ノ


あと、北淡震災記念公園の野島断層保存館にも立ち寄って、1995年の阪神淡路大震災で実際に動いた断層の様子や、震災に耐えつつも大きな被害を受けた家屋を保存したメモリアルハウスの展示なども見学してきました。

 BL170830AwajiIsland-7.jpg

 BL170830AwajiIsland-8.jpg


 → 北淡震災記念公園(野島断層保存館)公式サイト


思えば1995年の阪神大震災というのは、私の男性時代の終わりの始まりを告げる象徴的な出来事でもあったわけで(『明るいトランスジェンダー生活』参照)、その意味でもまた「境界」に属する案件なのかもしれません。

………ソノ前に「断層」って、ソレも《境界》やん(^^;)ノ


 


◇◇


南あわじ夏期教育講演会で講師を務めました [出演・講演講師など]

2017年8月27日(日)午後、
兵庫県南あわじ市で開かれた、2017南あわじ市教育講演会にて講演しました。
兵庫県民大学第40期教育講座という位置づけにもなっているようです。

「多様な性」をみんなの前提に
~LGBTの困難をつくらない学校のために~


会場は南あわじ市内、吉備国際大学地域創成農学部キャンパス。
市内の教職員の皆様らに多数ご参集いただき、性の多様性を学校でどのように位置づけるかについて、研修を深めていただけました。


 BL170830AwajiIsland-1.jpg

ちなみに同日の午前は三田での催しでの登壇だったため、同じ兵庫県内とはいえ、けっこうなエクストリーム移動(!?)となりましたが、なんとか無事にこなせました。
明石海峡大橋サマサマですね(^^ゞ


◇◇


三田「幸せプロジェクト」分科会で登壇しました [出演・イベントなど]

2017年8月27日(日)午前、
兵庫県三田市での三田市人権を考える会による「三田 幸せプロジェクト」の分科会のひとつ「性と生について考える」にて《報告者》として登壇、いわゆる基調講演的なお話をさせていただきました。
NPO法人SEANから、黒田綾とともに参加した形です。


 BL170828Sanda-01.PNG◇◇

三田市広報紙「伸びゆく三田」平成29年8月15日号
 → http://www.city.sanda.lg.jp/kouhou/kouhoushi/h29_0815kouhoushi.html

「幸せプロジェクト」告知の第4面PDF
 → http://www.city.sanda.lg.jp/shiseijouhou/kouhou/kouhoushi/documents/20170815_4.pdf


会場は三田市役所2号庁舎。
美しく機能的に整備された市役所エリアの一角でした。

 BL170828Sanda-02.jpg


私・佐倉は誠に残念ながら午後の予定のために中途退席しないといけなかったのですが、熱心な参加者の皆様によって、会の意義は深められたようです。


◇◇