So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「LGBT」「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

前の6件 | -

毎日新聞の特集記事でコメントしました。プリキュアの [出演・マスメディアなど]

アニメ『HUGっと!プリキュア』が、シリーズ例年にもましてなかなか画期的なものになっています。
ことに去る12月2日放送の第42話「エールの交換!これが私の応援だ!!」では、かねてより性別規範にこだわらないジェンダーレス男子系キャラ若宮アンリが事実上プリキュアに変身だと解せる展開において「キュアアンフィニ」を名乗ったことで話題になりました。

 ◇BL181207_PrecGendNP-01.JPG(放送画面よりキャプチャ)

それを受けて、この件について毎日新聞にて組まれた特集記事に、佐倉智美が3人の識者のひとりとしてコメントを寄せました。

→2018年12月**日(*)、***面(未定)
男の子のプリキュア登場
 人気アニメでジェンダーの壁破る試み」

※WEB版(有料記事)2018年12月6日付け
 → https://mainichi.jp/articles/20181206/mog/00m/040/011000c


佐倉としてはトランスジェンダーでもある社会学つかいとして、

「今も『女の子的なことが好きな男の子』や『男の子的なことが好きな女の子』には周囲に分かってもらえない悩みがあるはずだ。『性別にかかわらず多様な個人のあり方があっていい』という番組のメッセージは大いに救いになるでしょう」

…をはじめ、ジェンダー論の見地からいろいろ語らせていただきました。
とはいえ、どうしても紙面の都合であれこれ削られ端折られてまとめられているので、その点はあしからずご容赦ください。


◎取材時点では…

突然の「男子プリキュア誕生」なのではなく、ここまでの『HUGっと!プリキュア』作中で積み上げられてきたいろいろな描写のひとつの到達点だったことをふまえる必要がある
性別を問わず「らしさ」の通念に縛られずに「自分」になることを推奨するメッセージは作品全体を通して貫かれているのに注目したい

プリキュアシリーズ全体でのこの15年にわたる取り組みの上に今年があることも同様で、女の子だってヒーローになれることをあたりまえにした功績がプリキュアシリーズあるという流れの最先端が、1周まわってそのプリキュアに男の子もなれるという今般の件なのである

こうした作品群に親しんだ子どもたちのジェンダーや性にかかわるセンスは新しいと期待できる
が一方で親や祖父母世代など、まわりの大人の感覚が古いこと(に影響を受けた子どもたち)が「男は男らしく・女は女らしく」を固持する《抵抗勢力》になりうる
作品からのメッセージに対峙する大人のリテラシーが問われている

「作品」としてその作中でどのような画期的な取り組みがなされているかを高評価することと、「番組」がマーケティングの慣習的な枠組みとして《男児向け》《女児向け》といった区分に回収されているがゆえに(購入決定権を持つ親・祖父母世代などに関連商品をアピールしやすいように)守旧的なジェンダーイメージが前面に出てしまうのが現状ではまだやむを得ない面もあることを理解することは、両立可能であることだと意識的に念頭に置いて議論すべき

視聴者がどう考えるかとは別に少なくとも作中では2年ほど前から(『魔法つかいプリキュア』以降)作中の人々の認識では「プリキュアは女の子がなるもの」ではない世界観になってきているとも読み取れる

 ……等々も、お話しさせていただいたのですが、さすがに全部を盛り込んで記事にするのはちょっと厳しかったですかね(^^ゞ

特に「番組」と「作品」は分けて評価しないといけないことなどは、同じ記事中での中野円佳さんによる「枠組みそのものは思いきり女児向けアニメだ」「女児向けを強く意識した番組作りが女の子と男の子を分断している可能性も」などの指摘へのアンサーになるものなので、そのあたりは少し残念でもあります。

(とりあえず近日中にツッコミブログのほうで『HUGっと!プリキュア』がどのようにスゴかったのかの記事は自らまとめたいと思います)


◇◇
参考:『HUGっと!プリキュア』東映アニメーション公式サイト
 → http://www.toei-anim.co.jp/tv/hugtto_precure/


◇◇


◇◇



共通テーマ:アニメ

新名神高速高槻神戸JCT間開通で西へ行くのが格段にラクになった [プチお知らせ/日々の小ネタ]

さて今年度になってからも軽く遠方まで赴く講演の仕事はいくつかあったわけですが、8月の豊岡の帰路(このとき往路は京都縦貫ルートを選んだ)や、10月の西脇への往復、そして11月の淡路島の往復は、従来であれば神戸ジャンクションからは吹田までの中国自動車道を経由するルートより他は現実的な選択肢はなかったわけです。
それゆえにその区間は交通量も多く渋滞も日常的という、なかなかストレスフルでリスキーなドライブにもなりがちでした。

しかし今春、新名神高速道路の高槻~神戸ジャンクション間が開通。
これによって上述の混雑区間をバイパスできるネットワークが出来上がり、選択肢が増えて交通量は分散、利便性が向上すると言われていたわけですが、今般、実際に利用してみると、その効果はソレ以上に体感されるものでした。

 BL181201DriveE1A-00M.jpg
※NEXCO西日本 高速道路ガイドマップ関西版でも案内されています


まず高槻にインターチェンジが出来たのが、思いのほか重要なポイントです。
日常的に立ち回るエリアからひょいと坂を登ったところにもう高速の出入り口がある。いわばそこからいきなりもう非日常の旅に入れるというのは、「高速に乗るまでが大変」な環境に対する大きなアドバンテージではないでしょうか。
帰りだって高速を降りたらもう高槻だというのは、かなり気がラクというものです
(まぁたしかに何かの用事で遠方から高槻をめざして来た人がアソコで高速を下ろされて「はい高槻に到着したでござ~い!」と言われてもビミョ~に困るような山の上の辺鄙な位置にあるっちゃーそうですが;)

※そもそもかつては名神高速道路は茨木から京都南まで出入り口がなく、その間の地域住民にはなかなか敷居が高かったものです。2003年の大山崎インターチェンジに続いて今般の高槻IC誕生は、そのあたりの改善に資するものとなりましょう


で、高槻ICを入った後、神戸JCTまで走るのも快適です。
大阪市内方面などへの用事がある車両は依然として従来ルートを通るため、通過交通が主体のこちらのルートは相対的に空いていて、かつ最新鋭の設計の道路構造はアップダウンも少なく、すこぶる走りやすい。
実際、運転していてあまり疲れない
これは助かりますね。

そうして長いトンネルをいくつか抜けて行くとほどなく神戸JCT。
いゃ~これはスゴイ。
吹田・宝塚経由と比べるとマジ格段にラクです。


帰路も同様で、山陽自動車道からそのまま真っすぐ進めば新名神で、あとは音楽が何曲かかかっている間に高槻の街の灯が見えてくるわけです。
あぁ、もうこれで中国自動車道・西宮山口から宝塚までの坂下りをしなくてもよくなったのか!
実際アレはまるで何かの罰ゲームのような地獄感があったものです(あちらのルートもまた新名神開通によって交通量が減った分、そうしたことが減衰されて走りやすくなっているのではないでしょうか)


 BL181201DriveE1A-01.jpg

あと、サービスエリア・パーキングエリアの類ですが、従来ルートの中国道・西宮名塩SAに照応するポジションにあるのが、こちら宝塚北SAです。

西宮名塩は上述した「坂」の途中で、出入りの難度が高かったのに加えて、このあたりはSA・PA過疎地帯ということもあっていつも混雑して利用しにくかったのに比べると、こちらは出入りもしやすく、混雑度もトータルでエリアが増えために下がったのではないでしょうか。

施設も充実していて、食事やお土産の購入にも困らない。
トイレも盤石で、数のうえでも設備や清潔感などの質の面でも、今どきの要求水準のかなり上を満たしています。


◎念のため注釈しとくとトイレ等々のレポートは「女性」の利用を念頭に置いています(「女性」として「女性」用を利用したことを元に記述しています)。


 BL181201DriveE1A-02.jpg

さらに旧来は西宮名塩を出ると桂川までパーキングエリアがなかったところを、新名神だと茨木千提寺PAも存在しているのは地味に利便性を高めているでしょう。

売店などはないですが、自販機や情報ディスプレイがある簡便な休憩コーナーは明るく安心感があるつくりになっています。
トイレも数・設備・清潔感などについて今どきの要求水準に照らして必要十分以上なのは、宝塚北SAと同様ですね。

高槻IC直近のSA・PAでもあるので、家を出て最初の/家に帰る前の最後の、それぞれ高速道路上のトイレ休憩施設としても重宝しそうです。

 BL181201DriveE1A-03.jpg


というわけで2018年、開通した新名神高速道路・高槻~神戸ジャンクション間はぜひ有効に活用して、ドライブを快適にしていきたいところです。


しいて言えば、従来は西のほうへ遠出する際は、中国自動車道吹田料金所付近を万博記念公園の太陽の塔を横目に通過することが、なんというか気分を切り替えるというか、旅行に出かけるというテンションを上げるための、ある種の儀式として機能していた(その原体験はおそらく中学の修学旅行のとき、山陰方面へ向かうバスが此処を通過した瞬間が印象的に記憶されていること)、アレがもうなくなるのかと思うとちょっと寂しいかもしれませんね。

 BL181201DriveE1A-14ap.jpg◇◇


◇◇


豊島高校でゲスト講師2018 [出演・講演講師など]

例によってこの時期の鉄板ミッションである、大阪府立豊島高校の選択科目「ライブ~輝く命」での合計2クラスの授業のお手伝いを、2018年11月下旬、今年も務めてまいりました。

前週の草津に引き続き大学の時間割の関係で午前中は空いていた我が娘・満咲さんが、今週も随伴のうえ、各種コメントや家庭での様子・大学や高校時代の友人関係にまつわる考えを述べるなどなど授業に参加し、世代も近い生徒の皆さんと交感してなかなか盛り上がりました。


ちなみに豊島高校では人権ホームルームの学習機会としてトランスジェンダーのシンガーソングライターである悠以さんの講演会が、なんと偶然にも同じ日の午後に設けられていたりしました。

 → 「豊島高校で講演&ライブでした
(悠以オフィシャルブログ「自分らしく生きる」)

時間の都合で顔を合わせるには至らなかったのですが、かように複数のトランスジェンダーが学校に呼ばれて出入りする時代になったというのも、なかなか感慨深いものがありますね。


◇◇



共通テーマ:学校

草津の小学校にて講演2018 [出演・講演講師など]

去る2018年11月22日(木)、
滋賀県草津市にある小学校にてPTA主催の講演会講師を務めました。

草津第二小学校ハートアップサロン第二回人権教育研修会
多様性、誰もが生きやすく
 ~LGBTって何~


会場の体育館いっぱいの保護者の皆さまに集まっていただき熱心に耳を傾けてもらえました。
性の多様性に向き合ううえでの勘所を、多少なりともお伝えできたのではないでしょうか。
ありがとうございました。


草津は2008年に市役所職員の研修も務めていますし、「草津市内の小学校でPTA主催講演会の講師」ということでは2012年にも別の会場にて赴いています。
さらには今回の会場校の校長先生が2016年の滋賀県教育委員会による人権教育研修会に来ていただいていたりも(そも滋賀県方面はよく行っている)。
……ので、かねてより多様な性にかかわるテーマへの関心は高い土地柄とも言えるのですが、今回の「PTAの講演会」を7年前と比べてみると、やはり時代の進展によってこのような「LGBT」に関する案件への人々の関心の解像度が上がっているというか焦点がよりシャープに結ばれているというか、そういう体感的な「手応え」の質が重厚になっている印象はありますね。


あと、当日はたまたま大学の時間割の関係で午前中は授業がなかった我が娘・満咲さん、夏の豊岡がけっこう好評だったのに味をしめたのか(!?)今回も意欲を示しましたので、帯同のうえコメントや質問への回答をしてもらいました。
今回は子どもを持つ保護者の方々が主たるオーディエンスだったということでもあり、LGBT要素を含んだ親子関係というのは非常に関心が高まる案件なため、その実態の一例を現場で生で見てもらうことには、思った以上の意義があったようです。


◇◇



共通テーマ:学校

淡路島ふたたび。室津地区福祉講演会行きます [出演・講演講師など]

来たる2018年11月6日(火) 19:30~21:00
兵庫県淡路市の室津地区社会福祉協議会が催す福祉講演会の講師を佐倉智美が務めます。

「LGBT」をあたりまえにしたい
~みんながラクになる性の多様性~


会場は「室津ふれあいセンター(旧・室津保育所)」

 BL181101AwajiN-mu.JPG


室津地区社会福祉協議会では「誰もが安心していきいき暮らせる福祉のまちづくり」を推進するうえで、こうした福祉講演会を定期的に開催。
今般はテーマとして「LGBT」が選ばれたわけです。


淡路島のほうは昨年の夏にも行っており、その「境界性」とは波長が合っていると思われた土地柄です。
今回もせいいっぱい務めたいと思います。


◇◇

(2018/11/08)
つつがなく務めてまいりました。
地元の方々を中心に、濃いひとときのうちに、テーマに沿ったいろいろなお話を伝えることができたものと思います。
ご参加の皆さま、ありがとうございました。

 BL181101AwajiN-mu_Dn.jpg


なお近隣の別地区の担当の方も来られていて、来年の春頃にウチの福祉講演会でもゼヒお願いということになりましたので、また詳細が最終確定したらそちらの件もご案内したいと思います。
………明石海峡大橋が呼んでますネ(^^ゞ
というか新名神高速道路も出来て高槻から淡路まで実走ほんの小一時間の快適ドライブになったことでもありますし、機会を設けていただければ他所にも喜んで参上します。島内3市のうち未実施の洲本市の担当の方もゼヒご検討を!?

 BL181101AwajiN-mu_OvBg.jpg


◇◇



共通テーマ:地域

播磨東地区学校保健研究協議会の研修会にて講師を務めました [出演・講演講師など]

2018年10月23日(火)午後、
兵庫県西脇市に伺い、東播磨地区の学校関係者向けに、性的少数者について講演いたしました。

《第54回 播磨東地区学校保健研究協議会研修会》
「LGBT」の社会的健康
 ~多様な性を前提とした学校に~


いつもの学校教職員向けの鉄板内容も網羅しつつ、研修会の全体テーマが「生涯を通じて、たくましく豊かに生き抜く力を育む健康教育の実践・推進」だったこともふまえ、セクシュアルマイノリティを含めた多様性が互いに受容される環境が各自の居場所となることによってひとりひとりの社会的健康が増進できる……という視点を交えて組み立ててみました。


 BL181024N-eHarT.jpg


ちなみに兵庫県西脇市2011年にも市民講座の講師を務めに赴いているほか、2007年にも人権研修会で講演しております。
東経135度と北緯35度が交差する「日本のへそ」とも呼ばれる件は前回分の記事中でも言及してますが、「日本へそ公園」も整備されており、あるいは播州ラーメンなどのグルメも自慢だそうです。行楽の行き先の選択肢のひとつとしても好適なのではないでしょうか。
特にこの方面、今春に新名神高速道路の高槻~神戸ジャンクション間が開通して大阪府北部からのアクセスが格段にラクになったことは、今回実際に行ってみて大いに実感しました。


◇◇



共通テーマ:学校
前の6件 | -