So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「LGBT」「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

20年後の比叡山坂本にて [プチお知らせ/日々の小ネタ]

2017年の9月某日、ちょっと足を伸ばして滋賀県大津市の坂本まで出かけてみました。

歴史的には比叡山延暦寺の登り口として栄え、現在でも日吉大社をはじめとして由緒ある寺社が立ち並ぶ趣のあるところです。


 BL170930after20sakamoto01.jpg

 BL170930after20sakamoto02.jpg

京阪電車でアクセスするなら大津地区の路線響けユーフォニアム号が走ってたりした)の北の終点が坂本駅です。
(2018/03/20)
この京阪電車の「坂本」駅、2018年3月17日より「坂本比叡山口」駅に改称されています。

なお、JRの比叡山坂本駅からでも歩けます。


 BL170930after20sakamoto03.jpg

 BL170930after20sakamoto04.jpg

 BL170930after20sakamoto05.jpg

 BL170930after20sakamoto06.jpg

なかなかイイ感じです。


 BL170930after20sakamoto07.jpg

こちらは比叡山延暦寺へ続く石段です。
霊験あらたかなオーラが漂っています。
(現代ではケーブルカーも運行されているので、ここを歩いて上るというのはかなり伊達と酔狂でしょうが)


 BL170930after20sakamoto08.jpg

 BL170930after20sakamoto09.jpg

そして300余年という老舗「鶴喜そば」。
手打ち蕎麦と かやく御飯のセットが美味しいですゾ。
老舗だけに外観もなかなか「インスタ映え」する佇まいですね。


……で、なんで今般ここ坂本かというと、「ツッコミブログのほうの記事にて述べましたように、この2017年の9月は私が本格的な性別移行を始めてから20周年にあたるのですが、じつは当時、初めてのちょっとした遠出のプチ日帰り旅行をおこなったのが、たまたまこの坂本だったのです。

そこでせっかくのこの機会に、20年ぶりに再訪してみたというわけです。

ただ、さすがに20年たっていることもあって、そのときの記憶がイマイチ呼び出されませんねぇ。
実際、印象に残っているのは足が痛かったのと、ウィッグが暑かったこと………;

やっぱ当時は経験値も不足していて、女性としての外出自体が大変で、初めての遠出となるともぅ必死だったのかもしれません。

その点、今はもう女性としての姿での外出はあたりまえになりました。
経験値も20年分蓄積されています。
(ウィッグは最初の1年ほどで卒業しましたし、今では相応に足に合う履物も揃えてますし)

あまつさえ、この大津のほうって何度も講演講師の仕事で来たりもしています。

あぁ佐倉智美に歴史あり(^^ゞ

そんなこんなで、20年ぶりの坂本をあらためて味わう初秋の一日なのでした。

 BL170930after20sakamoto10.jpg


◇◇