So-net無料ブログ作成

◎執筆・講演のご依頼はお気軽にお問い合わせください◎
メール案内ページ
「LGBT」「性同一性障害」など性的少数者の人権、セクシュアリティの多様性、クィア論、男女共同参画などや、そうした観点に引きつけてのコミュニケーション論、メディア論など、ご要望に合わせて対応いたします。※これまでの実績などは当ブログ内にまとめてあります

長岡京市女性交流支援センターで講座。プリキュアの [出演・講演講師など]

来たる2019年3月27日(水)の午前、
京都府長岡京市の女性交流支援センターにて講師を務めます。

 プリキュア

 セクシュアリティ

 メディアリテラシー

 アニメのジェンダー考察


こちらでは2年半前にも「LGBT」についての講座の講師を務めておりますが、今回は趣向を変えて上記のようなテーマについて語ります。

内容的には昨秋にNPO法人SEANでおこないました「プリキュア講座」を再構成した形になりましようか(でもあの後に「男子プリキュア・キュアアンフィニ登場!」もありましたし、シリーズ新作『スター☆トゥインクル プリキュア』も始まってますので、そのあたりからも取り入れていければと考えています)

ジェンダーやセクシュアリティにかかわるメディアリテラシーの観点から、16年めに突入したプリキュアシリーズを軸に、近年の子ども向け作品群によって波及する社会的効果を考察します。

かつての子ども番組はジェンダー的にどんな問題を抱えていたのか。
それがプリキュア15周年時代になってどのように変わってきているのか。
そのことはこの世界に何をもたらしていくのか。

プリキュア世代のお子さんを持つ親御さん世代、メディアとジェンダーの問題に関心がある人、プリキュアを欠かさず視聴しているファンの方、その他オモシロそうだと感じる皆様、ゼヒご参加を!

会場はJR長岡京駅前バンビオ1番館、総合交流センター6階の女性交流支援センターです。


§以下↓公式情報から↓転載§

 BL190225PreGenNakyC_01.JPG

2018年度のプリキュアシリーズ「HUGっと!プリキュア」は、プリキュアが子育てをしたり、男子キャラがプリキュアになったり、家事分担や専業主夫のことなどが描かれ、「女らしさ、男らしさ」の枠を壊したと話題になった。
特撮ドラマやアニメの世界で描かれるヒロインから社会の構図を見た「紅一点論」から18年が経ち、アニメが描くジェンダーに果たして変化は起こっているのか?
女の子は守られるべき美しいお姫様に、男の子は強いヒーローに憧れるって本当?
セーラームーン以前の子ども番組から最近のプリキュアまでを通じて、アニメの中のジェンダーについて考えてみよう。

講師:佐倉智美さん(ジェンダー&セクシュアリティライター)

【お申込み・お問い合せ】
長岡京市女性交流支援センター
〒617-0833 長岡京市神足2-3-1 総合交流センター6階
TEL 075-963-5501

※参加申込 3月1日(金) 9:00より受付開始

 BL190225PreGenNakyC_02.JPG

 BL190225PreGenNakyC_03.JPG

§以上↑公式情報から↑転載§


会場がJR長岡京駅前の至便な場所である等々、周辺のロケーションやアクセス情報は、2年半前のLGBT講座の記事でも公式情報を補足していますので、併せて御覧ください。

 → 長岡京市交流センターで講座講師を務めます
https://est-tomorine3908.blog.so-net.ne.jp/2016-09-01_NagKyo2016


また以下の記事などは内容面での予習に好適かも。

 → 輝く未来を抱きしめた「HUGっと!プリキュア」が拓く新時代
https://stream-tomorine3908.blog.so-net.ne.jp/2019-01-27_HugPrecure

 → プリキュアが「魔法つかい」な意味を探る
https://stream-tomorine3908.blog.so-net.ne.jp/2016-02-06_MahoPrecure


ともあれ、春休み期間の一日、「プリキュア講座」から始める京都探訪はいかがでしょうかノ


◇◇

(2019/03/29)
春らしい麗らかな好天にも恵まれた当日、幅広い年齢層の参加者の皆さまに集っていただき、盛会のうちに無事終了しました。
ありがとうございました。

プリキュアの意義の重要なキモは(単に女の子が自分で変身して戦うようになったというだけではなく)やはり「ケアの倫理で戦う」ことなんですが、ココのところの説明がなかなか難しいのを上手いこと組み立てきれなかったのは、個人的な反省点ですね。


◇◇



共通テーマ:地域

淡路島で福祉講演会の「追加講演」 [出演・講演講師など]


「LGBT」をあたりまえにしたい
~みんながラクになる性の多様性~

今度はその隣の浅野地区でも同様に講演させていただく運びとなりました。

来たる2019年3月6日(水) 19:00~20:30

会場は北淡総合福祉センター


近隣の皆さま、ぜひ起こしください。


◇◇

(2019/03/07)
生憎の雨がちな天候の中、多数の皆さまにご参集いただき、有意義なひとときを持つことができたかと思います。
ありがとうございました。

今回はまた春休み中の大学生、我が娘・満咲さん同伴のパターンで、家族についてのコメントなど、興味深い内容として受け止めていただけたようです。


 BL190224AwajiN-As.jpg

晴れていればもう少し春爛漫な時節ではありましたが、花時計の展望広場からの霧雨にけぶる明石海峡大橋もまた風情がありましたね。

◇◇



共通テーマ:地域

寝屋川市の職員研修、さらにふたたび [出演・講演講師など]

大阪府寝屋川市の職員の皆さん対象に講師を務めるのは、もはや恒例の域に達しつつありますが、2019年2月実施の合同研修会でも1講座担当させていただきました。

「LGBTを理解する」の落とし穴
~多様性、ジェンダー、共生社会~


実際には参加する職員各々にとっては佐倉智美による講座の受講が初めてのケースもあるとのことでしたが、せっかくの何度も行っているクライアントということで、少しひねったアプローチの演題にしてみました。

単純な「LGBT理解」に終わらない、少し掘り下げたところも視野に入れたお話をさせてもらいましたが、皆さん熱心に耳を傾けられ、ひととおりのエッセンスは持ち帰っていただけたようです。


 BL190214Neyagawa1902.jpg

ちなみに現在、寝屋川市では4月からの「中核市」移行に向けて取り組みが進んでいるようです。


◇◇